クラシル

@wassanchino_gohan ◁他のお

いいね
保存

@wassanchino_gohan ◁他のお手軽無添加レシピはこちら 燻製器がなくても厚手の鍋で、自分好みのベーコンできちゃうの🥓まずは仕込み篇です🙋‍♀️ やってみよ!と思った方はコメント欄で【❤️】送ってくれると喜びます😭💕もちろん、いいねや保存も嬉しいです! -材料- ・豚バラまたは豚肩ロースブロック:400〜700g ※一般的なベーコンは豚バラで。  豚の脂が苦手な方は豚肩ロースで(ショルダーベーコン) ・砂糖:豚肉重量の1.5% ・塩:豚肉重量の1.5%  (粗塩がゆっくり浸透してくのでおすすめ) ※豚肉500gの場合、小さじ1.5ずつほど ・お好みのハーブや香辛料:ローリエを使用 ※我が家はこどもが胡椒苦手なので不使用   -手順- 豚塊肉の周りについてる水分(ドリップ)を キッチンペーパーで拭き取る  ↓ 砂糖・塩の順で全体に揉み込み、お好みでハーブをつける  ↓ キッチンペーパーで巻いてからラップに包み、 ジップロックなどに入れて冷蔵庫で寝かせる 3〜5日ほど熟成させてね🐷 -ポイント- ・ドリップは臭みのもとになるので、拭き取ってから仕込んでね ・塩と砂糖の働きでお肉から水分がさらに出てくるよ。その水分を吸い取るために、キッチンペーパーで巻いてからラップをして寝かせます (本当は1日ごとに変えた方が衛生的だけど、変えなくてもいけました)   -ベーコン作りの砂糖の役割- ▶︎豚肉から水分を抜く(脱水性) 塩も同じ働きがあるのだけど、塩だけでやろうとするとしょっぱくなってしまうので、砂糖の力も利用するよ ▶︎必要な水分を中に閉じ込める(保水性) 砂糖は水とくっつきやすいので、細胞の中の肉汁を閉じ込める役割も ○勝手に解釈○ 塩と砂糖で余分な水分を抜きつつ、砂糖で少ししっとり感を残したまま、塩で肉質を変えて柔らかくする!のがベーコン作り🥓 ※砂糖を先に揉み込んでいるのは、塩よりもカタチが大きく染み込みづらいからだよ 次回はお鍋での燻製方法をお伝えします🙋‍♀️ 子どもにも安心して食べられるベーコン、実はシンプルな材料でできちゃうのでした🥰 -——————————————— 簡単無添加ごはんを投稿しています ▶︎ @wassanchino_gohan 素材の旨みを引き出して 家族みんなでおいしいごはん🍚 おいしさの理由を知ると もっと料理が楽に、楽しくなるかも。 おいしいの日常に少しでもお役に立てると嬉しいです🥰 作ったよーの反応、飛んで駆けつけます🥺💨 料理の基礎や理論、実践的に学んでいます。 日々の料理の疑問・質問もお気軽にね🫶 -——————————————— #自家製ベーコン #豚バラブロック #豚肩ロースブロック #無添加レシピ #無添加 #ゆる無添加 #無添加ごはん #無添加レシピ #家族ごはん

コメント (0件)

コメントがまだありません