クラシル

【京都暮らし】吉田神社の節分祭り

いいね:22
保存:1

今日は節分ですね。京都に住む人が節分と言ったら恐らく真っ先に思いつく場所が左京区にある吉田神社。 ここでは2月2日と、2月3日に800店近い露店が並び、前夜祭では山から鬼がおりてきて、赤・黄・青の鬼が子どもを脅かして練り歩く・・・と、いうのが庶民の認識です。 実はこの行事、京都の中でも貴重な古いしきたりを守って、節分前日祭として追儺式が行われるというもの。 平安時代初期の宮中行事を継承したものと言われていて、一般的には「鬼やらい」とか呼ばれたりもします。 最初にまずは悪い鬼を追い払う方相氏(ほうそうし)が手に矛と盾を持って、それにたいまつを持った子どもたちが続きます。子供たちの持つこの火は本物で、時々道に落ちたりするので結構迫力満点です。 ちなみに警察と消防の方が常にスタンバイしてます👮👨‍🚒 そして後ろからは災厄を象徴する赤鬼・青鬼・黄鬼が暴れ回ってついてくる・・👈私たちのお目当てはこれ。笑 最終的には悪い鬼を追い詰めて弱らせ、貴族に扮した人達が桃の弓で葦(あし)の矢を放ち、鬼たちを退散させて終了。という流れだそう。 うちには3人の子ども達がいるんですが、わがままで手がつけられなくなったとき、節分の鬼がくるよー!と叱ります。 ちなみにこれは旦那の実家の習わし。先祖代々これでビビって育ってきたらしいです🤭 こわーい鬼も、親にとっては助かる存在かも🙏 こどもたちは怖がらせちゃったお詫びに美味しい屋台グルメで満腹になって帰りました☺️ #節分 #京都暮らし

コメント (18件)