クラシル
makurobi_recipe

makurobi_recipe

《長芋とオクラの梅おかか和え》

いいね:14
保存:9

ネバネバが特徴の長芋やオクラは、たんぱく質の消化吸収を助け、食物繊維が腸内を改善し、胃腸もバテがちな夏にはぜひ取り入れたい食材です。 ほぼ火を使わずにできるので、もう一品という時にもささっとつくれます。 かつお節を入れると素材から出た水分を吸ってくれるので、梅干の味も全体によくからみます。 材料(2人分) 長芋 … 10cm(約180g) オクラ … 4〜5本 赤しそ梅干(塩分10%) … 2コ かつお節 … 2.5g 大葉 … 4〜5枚 作り方 1.長芋をたたく 長芋は皮をむき、ビニール袋に入れてすりこぎなどで一口大にたたきます。 2.大葉を切る 大葉はタテ半分に切ってから、3mm巾の細切りにし、水にさらして水気を切っておきます。 3.オクラをゆでる オクラは2〜3分ゆでてザルにとり、ヘタを落とし1cmの小口切りにします。 4.梅干をたたく 梅干は身をそぎ、包丁でよくたたきます。 5.材料を和える ボウルに長芋、オクラ、梅肉、大葉の半量を入れて和え、さらにかつお節を加えて和えます。 6.仕上げ 5を器に盛り、残りの大葉を飾ります。 メモ ・長芋は触感を楽しみたいので、小さくなりたたき過ぎないようにします。 ・オクラの毛は気になるほどでなければ、そのまま茹でるだけでOKです。 #マクロビ#マクロビオティック#ゆるマクロビ#マクロビレシピ#長芋#オクラ#梅干し #macrobi#macrobiotic#recipe#chineseyam#okra#umeboshi

コメント (0件)

コメントがまだありません