2020.6.19

クレソンの保存方法|長持ちのコツ|水分を与える

さまざまな栄養素を豊富に含み、最強の野菜とも言われている「クレソン」。お肉の付け合わせなどに少しずつ使用し、保存しておく機会も多いのではないでしょうか。

今回は、クレソンのおいしさを保つ保存方法をご紹介します。

保存のポイント:「水を与えてシャキシャキに」

クレソンは、水生の植物であり繁殖性が高い食材でもあります。水を与えることで、クレソンのみずみずしさとシャキシャキ感を再生させることが出来ますよ。

【冷蔵保存】

①クレソンを濡らしたキッチンペーパーで包む。

②包んだクレソンを保存袋に入れる。

③立てた状態で、冷蔵庫の野菜室で保存。

【ポイント】

クレソンを横にした状態で置いておくと、茎が上に向かって曲がってしまいます。立てて保存するようにしましょう。

【コップにさして冷蔵保存】

①コップにクレソンの茎部分が隠れる程度の水を入れる。

②クレソンをコップに差し、葉の部分はビニール袋をかぶせる。

③コップに差したまま、冷蔵庫の野菜室で保存。  

【ポイント】

水に浸すことにより、クレソンは元気を取り戻します。水はこまめに変えるようにしましょう。

【冷凍保存】

①洗ったクレソンの水気をキッチンペーパーでよくふき取る。

②クレソンを冷凍用保存袋へ入れ、冷凍庫で保存。

【ポイント】

食感が変わってしまうため、生食せずに必ず火を通して使うようにしてください。炒め物や和え物にしていただきましょう。

【茹でで冷凍保存】

①沸騰したお湯で、クレソンを20秒ほどゆでる。

②取り出したら冷水へくぐらせ、絞る。

③食べやすい大きさにカットし、ラップで包む。

④冷凍庫で保存。

【ポイント】

使う際は自然解凍し、そのまま炒めものにするなど、必ず加熱して使うようにしてください。

保存方法に合わせた食感を楽しもう

クレソンは水を与えて保存することでシャキシャキとした歯ごたえを楽しめ、冷凍保存しておくと、いつでも手軽に炒め物や和え物に使うことが出来ます。状況に合わせて保存方法を選び、さまざまな食感を楽しんでみてくださいね。

クラシルでは、クレソンの栄養素や選び方についてもご紹介しています。ぜひ参考にしてください。

人気のカテゴリ