2020.7.1

しょうがの選び方と栄養素|買い物で役立つ基本の「き」

独特の香りと辛味が魅力の「しょうが」。料理の味付けに使うのはもちろんのこと、食材の下ごしらえや薬味など、活躍の場が多い香味野菜です。そんなしょうがには体に嬉しい栄養素が含まれているんですよ。

今回は、しょうがの栄養素や、おいしいしょうがの選び方についてご紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね!

健康に効果的!しょうがに含まれる成分とは?

しょうがを食べたあと、体がポカポカと温かく感じた経験はありませんか?これはしょうがに含まれる辛味成分である「ショウガオール」と「ジンゲロン」が関係しています。この2つの成分には血行をよくして新陳代謝を活発にするはたらきがあるので、冷え性の予防や改善に効果が期待できます。また、消化促進作用や殺菌作用もあるんですよ。

また、しょうが特有の香りは「ジンギベレン」と「シトロネラール」という成分によるものです。これらの成分は、胃を健康に保ったり食欲を増進させたりするはたらきがあります。そのため、胃がムカムカするときや食欲が落ちているときに効果的だと考えられています。そのほか、解毒作用や消臭作用もあると言われています。

しょうがは、昔から漢方薬として使われてきたほどさまざまな成分が含まれています。その健康効果の高さから「しょうがは百邪を防御する」という言葉も生まれました。体調がすぐれないときは、しょうがを使ってみるといいかもしれませんね。

主要な栄養素はこちら

しょうが100gに含まれる主な栄養素は以下の通りです。

・エネルギー 30kcal

・水分 91.4g

・食物繊維 2.1g

・カリウム 270mg

・マグネシウム 27mg

・マンガン 5.01mg

・ビオチン 0.7μg

※参考:文部科学省「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」

さまざまなミネラルが含まれている!

しょうがには、たくさんの種類のミネラルが含まれています。ミネラルは体内で作ることができない栄養素なので、食事で摂取する必要があります。以下、詳しく見ていきましょう。

■カリウム

ミネラルのひとつであるカリウムは、体内の浸透圧をキープするはたらきがあります。余分なナトリウムを体外に排出するはたらきもあるので、塩分の摂り過ぎで起こるむくみの改善や予防に効果が期待できます。

■マグネシウム

ミネラルの一種であるマグネシウムは、健康な骨や歯を形成します。それだけでなく、体温や血圧を調節したり、筋肉の収縮をサポートしたりするなど、体全体で使われる栄養素です。

■マンガン

ミネラルの一種であるマンガンには、健康な骨の形成をサポートする働きがあると言われています。また、たんぱく質や糖質、脂質の代謝を助け、さらに体内の消化作用をサポートしてくれる効果もある栄養素です。

人気のカテゴリ