2022.7.19

「1人前300円以内の節約メニュー!」コスパ抜群なジューシー“鶏むね肉”レシピ5選

食費の節約に大活躍の食材、鶏むね肉。さまざまな味つけによく合い、ボリュームが出るのがうれしいですよね。今回は鶏むね肉を使ったジューシーおかずのレシピをご紹介します。鶏むね肉の棒棒鶏や、ひと口チキンカツなど、1人前300円以内で作れるレシピをピックアップしました。ぜひチェックしてみてくださいね。

1.鶏むね肉の しっとり柔らかしょうが焼き

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

お財布にやさしい食材で作れる!鶏むね肉のしっとり生姜焼きをご紹介します。生姜の風味とニンニクの香りが効いた甘辛味で、ご飯がモリモリ進む味わいです。鶏むね肉は、繊維を断ち切るようにそぎ切りにすることで食べやすく仕上がりますよ。お酒のおつまみにもぴったりなので、ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • 鶏むね肉・・・200g
  • 塩こしょう・・・小さじ1/4
  • 片栗粉・・・大さじ2
  • 玉ねぎ・・・1/2個

------調味料-----

  • めんつゆ (2倍濃縮)・・・大さじ3
  • みりん・・・大さじ2
  • すりおろし生姜・・・小さじ2
  • すりおろしニンニク・・・小さじ1
  • サラダ油・・・大さじ1
  • キャベツ・・・150g

作り方

1.玉ねぎは細切りにします。キャベツは千切りにします。
2.鶏むね肉は1cm幅のそぎ切りにします。塩こしょうをふり、片栗粉をまぶします。
3.ボウルに調味料を入れて混ぜ合わせます。
4.中火に熱したフライパンにサラダ油をひき、2を入れて焼きます。両面にこんがりと焼き色がつき、火が通ったら一度取り出します。
5.同じフライパンに1の玉ねぎを入れて中火で炒めます。しんなりしてきたら4、3を加えて炒め合わせます。全体に味がなじんだら火から下ろします。
6.お皿に5を盛り付け、1のキャベツを添えて完成です。

2.鶏むね肉の明太バターつくね

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

今日の晩ごはんに、鶏むね肉の明太バターつくねはいかがでしょうか。大葉の爽やかな風味と、ピリッと辛くて旨みたっぷりの明太子がたまらない一品です。鶏むね肉を粗みじん切りにして包丁で叩くことで、食感がよく食べ応えのあるつくねに仕上がりますよ。バターの香りもよく合うので、ぜひ味わってみてくださいね。

材料(2人前)

  • 鶏むね肉・・・250g
  • 明太子・・・80g
  • 大葉・・・4枚
  • (A)粉チーズ・・・大さじ1
  • (A)酒・・・大さじ1
  • (A)片栗粉・・・大さじ1
  • (A)塩・・・小さじ1/4
  • (A)白こしょう・・・少々
  • 有塩バター・・・20g

作り方

1.大葉は軸を取り、粗みじん切りにします。
2.明太子は薄皮から取り出します。
3.鶏むね肉は粗みじん切りにして、細かく包丁で叩きます。
4.ボウルに1、2、3、(A)を加えて混ぜ合わせ、6等分に丸く成形します。
5.フライパンに有塩バターを入れて中火で熱し、溶かします。4を入れて焼き、焼き色が付いたら裏返し、蓋をして5分ほど蒸し焼きにします。
6.中まで火が通ったら火から下ろし、お皿に盛り付けて完成です。

3.しっとりジューシーな鶏むね肉の棒棒鶏

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

さっぱりした一品が欲しいときにぴったりの、鶏むね肉のバンバンジーをご紹介します。ネギのシャキシャキ食感がたまらないごまだれは、しっとりジューシーな鶏むね肉や、みずみずしいきゅうりやトマトとの相性抜群!お箸の止まらないおいしさです。鶏むね肉は、余熱でじっくり火を通すのがポイント。ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • 鶏むね肉・・・300g
  • きゅうり・・・1本
  • トマト・・・1個

-----鶏むね肉を茹でる用-----

  • 長ねぎの青い部分・・・1本分
  • (A)酒・・・大さじ1
  • (A)すりおろし生姜・・・小さじ1
  • 水 (肉がかぶるくらいの量)・・・適量

-----ごまだれ-----

  • 長ねぎ・・・1/3本
  • しょうゆ・・・大さじ2
  • 酢・・・大さじ1
  • 白ねりごま・・・大さじ1
  • 白いりごま・・・大さじ1
  • ごま油・・・大さじ1
  • 砂糖・・・大さじ1/2

作り方

準備.長ねぎの青い部分は5cm程度の長さに切っておきます。
1.鶏むね肉に、フォークで数カ所穴を開けます。
2.1、長ねぎの青い部分、(A)を鍋に入れ、1がかぶるくらいの水を入れます。中火で熱し、沸騰してから6分程煮て火が通ったら火から下ろし、そのまま20分程置いて粗熱を取ります。
3.きゅうりのヘタを取り、3等分に切り、さらに細切りにします。トマトのヘタを取り、8等分のくし切りにします。
4.ごまだれを作ります。長ねぎはみじん切りにし、ボウルにごまだれの材料を入れて混ぜ合わせます。
5.水気を切った2は、皮を剥がして食べやすい大きさに割きます。
6.器に3、5を盛り付け、4をかけて出来上がりです。

4.鶏むね肉のポテサラ挟み焼き

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

鶏むね肉のポテサラ挟み焼きを作ってみましょう!ジューシーな鶏むね肉の中に、しっとり食感のポテトサラダが入った、ボリュームたっぷりの一品です。ポテトサラダの中には、きゅうりや玉ねぎ、にんじんなどさまざまな野菜が入っているので、食感を楽しみながらお召し上がりいただけますよ。ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • 鶏むね肉 (350g)・・・1枚
  • ニンニク・・・1片
  • 塩・・・小さじ1/2
  • 黒こしょう・・・少々
  • 酒・・・大さじ1
  • オリーブオイル・・・大さじ1

-----ポテトサラダ-----

  • じゃがいも・・・100g
  • きゅうり・・・10g
  • 玉ねぎ・・・10g
  • にんじん・・・10g
  • (A)塩こしょう・・・少々
  • (A)マヨネーズ・・・大さじ1

作り方

1.じゃがいもは芽を取って皮を剥きます。一口大に切り、耐熱皿に乗せてラップをし、600Wの電子レンジで5分ほど加熱し、マッシャーなどで潰します。
2.きゅうり、玉ねぎ、にんじんはみじん切りにします。
3.ニンニクは薄切りにします。
4.粗熱が取れた1に、2と(A)を入れて混ぜ合わせます。
5.鶏むね肉は厚さが半分になるように切ります。
6.5に4を乗せたらもう1枚を被せ、周りをつまようじで止めたら両面に酒を振りかけ、塩と黒こしょうをまぶします。
7.中火で熱したフライパンにオリーブオイルをひき、3を入れて香りが出てきたら6を入れ両面に焼き色をつけます。蓋をし中まで火が通るまで焼いたら完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

5.簡単揚げ焼き!ひと口チキンカツ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

チーズの風味がたまらない、ひと口チキンカツのレシピをご紹介します。サクサクの衣とジューシーな鶏むね肉がマッチした、やみつき間違いなしの一品です。少ない油で揚げ焼きをするので、揚げ物が苦手な方にも安心して挑戦していただけますよ。ボリューム満点でお子様にも喜ばれること間違いなしなので、ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • 鶏むね肉・・・250g
  • 酒・・・小さじ2
  • 塩・・・小さじ1/2
  • 黒こしょう・・・小さじ1/4
  • 卵・・・1個
  • (A)水・・・30ml
  • (A)薄力粉・・・大さじ2
  • (A)粉チーズ・・・大さじ2
  • (B)パン粉 (40g)・・・1カップ
  • (B)パセリ (生)・・・5g
  • 揚げ油・・・適量

作り方

準備.パセリはみじん切りにしておきます。
1.鶏むね肉は皮を取り除き、一口大のそぎ切りにします。バットに並べて酒をなじませ、5分程置きます。
2.ボウルに卵を入れて溶きほぐし(A)を加えて混ぜ合わせます。
3.別のバットに(B)を入れて混ぜ合わせます。
4.1の水気をキッチンペーパーで拭き取り、両面に塩、黒こしょうをまぶします。
5.2、3の順につけて、パン粉をなじませます。
6.フライパンに底から1cm程の揚げ油を注ぎ、170℃に熱し、5を入れます。両面を3分ずつ揚げ焼きにし、鶏むね肉に火が通り、揚げ色がついたら油を切ります。
7.付け合わせと共に器に盛り付けて完成です。

1人前300円以下で、鶏むね肉の絶品おかずを作ってみよう!

いかがでしたか。鶏むね肉を使ったジューシーおかずのレシピをご紹介しました。淡白な味わいの鶏むね肉は、さまざまな味つけで揚げたり焼いたり、幅広く料理に活用できます。今回ご紹介したレシピを参考にしていただき、ぜひ節約おかずのレパートリーを広げてみてくださいね。

※20歳未満の飲酒はやめましょう。

人気のカテゴリ