2021.3.22

マンゴスチンの保存方法|長持ちのコツ|水分をキープ

上品な甘みとほどよい酸味がおいしい「マンゴスチン」。「果物の女王」とも呼ばれていますよね。なかなか手に取る機会も少ない果物ですが、ミネラルやビタミンも含み、身体に嬉しい栄養素が含まれている果物なんですよ。他の果物にはないジューシーな口当たりも特徴的です。

今回は、そんなマンゴスチンの保存方法をご紹介します。正しく保存しておいしさを長持ちさせましょう。

保存のポイントは「湿度」

■冷蔵保存

①マンゴスチンを濡らした新聞紙で包む

②新聞紙で包んだマンゴスチンを保存袋に入れる

③冷蔵庫の野菜室で保存

【ポイント】

マンゴスチンは、乾燥に弱い果物です。乾燥しないよう濡れた新聞紙で包み、高湿度を保ちましょう。

■冷凍保存

①マンゴスチンの果皮をしっかりと水で洗う

②マンゴスチンのヘタを取り除く

③冷凍用保存袋へ入れる

④冷凍庫で保存

【ポイント】

・解凍する際は、冷蔵庫へ2時間ほどうつして冷蔵解凍してください。  

・常温で解凍すると果汁が染み出し、味が落ちてしまいますので注意しましょう。  

・半解凍の状態で食べると、シャーベット状になりおいしくいただけますよ。

※冷凍前、調理する環境は必ず清潔な場所で行ってください。

※食材によって冷凍前と食感や風味は異なる場合がございますのでご注意ください。

おうちで果物の女王を味わおう

今回は、マンゴスチンの保存方法についてご紹介しました。近年では輸入も盛んになり、国内でも手に入りやすい果物になっています。ポイントを押さえて、おいしいマンゴスチンをおうちで楽しみましょう!

クラシルでは、マンゴスチンの選び方もご紹介しています。ぜひ参考にしてください。

マンゴスチンの選び方と栄養素|買い物で役立つ基本の「き」

人気のカテゴリ