食材から探す
料理名から探す
公式レシピ レシピをよむ レシピカード クラシルショート クリエイター
クラシルのサービス
トルコの柔らか肉団子料理
トルコの柔らか肉団子料理
トルコの柔らか肉団子料理
トルコの柔らか肉団子料理
トルコの柔らか肉団子料理
トルコの柔らか肉団子料理
トルコの柔らか肉団子料理
トルコの柔らか肉団子料理
トルコの柔らか肉団子料理
もう一度最初から見る
1/9

トルコの柔らか肉団子料理

フォロー
☪︎ トルコの柔らか肉団子料理🧆🇹🇷 料理名は ‘貴婦人の太ももキョフテ💋’ 《カドゥンブドゥ キョフテ》 𓈒𓏸𓐍 ☪︎𓈒𓏸𓐍 𓅮𓈒𓏸𓐍 𓆸𓈒𓏸𓐍 ☪︎𓈒𓏸𓐍 この料理、冗談抜きで《貴婦人の太ももキョフテ》という、なんとも妖しげな名前なんですが、全然おふざけとかじゃなくて、公式名称です👍🏻 ※キョフテとはトルコの肉団子料理のことです🧆✨ これが置いてあるレストランや食堂なんかでは恐らく… 客)貴婦人の太ももキョフテ、一つちょうだい🧔🏻‍♂️ 店)はいよー!貴婦人の太もも一丁入りましたー👨🏻‍🍳 …みたいなやり取りもあるはず😆 真相は分かりませんが、数あるキョフテ料理の中でも、一番ってくらいに柔らかい食感で、しかも丸々とした大きめサイズのキョフテなので、こんな名前が付いちゃったのかもしれません。 トルコ女性はそれだけ豊満で魅力的ってことかな🪆💛 𓈒𓏸𓐍 ☪︎𓈒𓏸𓐍 𓅮𓈒𓏸𓐍 𓆸𓈒𓏸𓐍 ☪︎𓈒𓏸𓐍 柔らか食感の秘密は、生のひき肉と炒めたひき肉とご飯を混ぜて作るから💡 この3つが合わさった上に、さらにのように溶き卵をまとわせて揚げ焼きするので、外はサクッと、中はフワッとした食感に仕上がります😋 トルコでポピュラーな焼いたキョフテと違って、冷めても美味しいのもこのキョフテの嬉しい特徴✌🏻 帰宅が遅いトルコ人の夫に出す時も、温め直す手間が省けるのでサイコーです💃 もちろん、お弁当のおかずにもオススメ🍱🥢 では作り方です。 分量は目安なので、多少前後しても大丈夫です👩🏻‍🍳 𓈒𓏸𓐍 ☪︎𓈒𓏸𓐍 𓅮𓈒𓏸𓐍 𓆸𓈒𓏸𓐍 ☪︎𓈒𓏸𓐍 《材料》約12個分 牛ひき肉 700g…脂身の少ない赤身のひき肉が適してます 玉ねぎ 小1個 ご飯 1/4合分(約85g)…温冷どちらでも大丈夫 イタリアンパセリ…ディルでも美味しいです 塩胡椒 クミンパウダー 小1.5くらい…オールスパイスでも美味しいです オリーブオイル 【揚げる用】 細目パン粉または小麦粉…写真は細目パン粉使用 卵 2個 サラダ油…写真はヒマワリ油を使用 ※写真は自宅にあった脂身多めのひき肉で作りましたが、脂身の少ないひき肉がオススメです。脂身が多いとタネがゆるく、扱いにくくなります🥺…が、脂身が多いとフワフワ度は増します。 《作り方》 フライパンにオリーブオイルをひき、玉ねぎのみじん切りを炒めます。 玉ねぎが柔らかくなったら、ひき肉の半分量を加えてよく炒めます。 塩胡椒を加えて混ぜ、最後に刻んだイタリアンパセリを加えて混ぜておきます。(📸写真2枚目) ボウルに残り半分量の生のひき肉、ご飯、先ほど炒めたひき肉(完全に冷まさなくてもOK)を入れ、塩胡椒、クミンパウダーも加えてよく捏ねます。(📸写真3枚目/4枚目) 脂が多くてまとまりが悪い時は、パン粉を少し加えて調整してください。 タネのまとまりがよければ、この後すぐに成形しても大丈夫ですが、タネが脂身の影響でゆるいようなら、冷蔵庫で30分ほど休ませると成形しやすくなります。(写真は冷蔵庫で40分ほど休ませてから成形しました。) タネを小判型に成形し(トルコの一般的なキョフテより大きめで、日本のハンバーグより小さめ)、細目パン粉(または小麦粉)をまぶし、さらに溶き卵を絡めます。(📸写真5枚目) フライパンに少し多めにひいて温めたサラダ油で揚げ焼きします。(📸写真6枚目/7枚目) 強火だと中に火が通る前に表面だけ焦げてしまうので、弱中火くらいでじっくり揚げ焼きします。 表面がこんがり揚がったら、取り出して油を切ったら完成🙌🏻 何も付けずにこのままで召し上がってください🍽 ▶︎お弁当のおかずにされる場合は小さめに作ってみてください。 𓈒𓏸𓐍 ☪︎𓈒𓏸𓐍 𓅮𓈒𓏸𓐍 𓆸𓈒𓏸𓐍 ☪︎𓈒𓏸𓐍 サクっとした衣に閉じ込められたフワフワ食感の肉団子🧆✨ ご飯やさっぱりとしたサラダともよく合います🍚🥗🍴 子供も好きな味だと思います。ちょっと行儀が悪いですが、我が家の子供たちは紙ナプキンで包んで手掴みでパクパクです🧒🏻👦🏻 ぜひお試しください🤗 𓈒𓏸𓐍 ☪︎𓈒𓏸𓐍 𓅮𓈒𓏸𓐍 𓆸𓈒𓏸𓐍 ☪︎𓈒𓏸𓐍 ︎

その他のレシピカード

おすすめのレシピ動画