【野菜ひとつ】ピーマンの中華風浅漬け

■保存期間 冷蔵4日 ■紹介文 今日は、ピーマンの浅漬けのレシピをご紹介します。 みずみずしいサラダのようにピーマンが生のままたっぷりと食べられる浅漬けです。 ごま油の香りと鶏ガラスープの旨味で驚くほどピーマンの苦味がやわらぎ、お子さんやピーマンが苦手な方でも食べやすい味付けに仕上がります。 お好みでラー油、にんにくやしょうがなどの香味野菜を加えてもおいしくいただけます。 もうあと一品の副菜にはもちろん、お弁当のおかずやおつまみにもどうぞ。 ■材料(4人分) ピーマン 8~10個(2パック、280~350g目安) ■合わせ調味料 酢 大さじ2(30ml) ごま油 大さじ1(15ml) しょうゆ 大さじ1(15ml) 砂糖 大さじ1 鶏ガラスープの素 小さじ1
■作り方 【1】丈夫な袋に合わせ調味料の材料を入れておきます。 袋の口を外側に折り返すと、安定しやすいです。 砂糖や鶏ガラスープの素がダマにならないよう、袋を軽くもんでおくとよいです。 【2】ピーマンは洗ってキッチンペーパーや乾いた清潔な布巾で水気をよく拭き取ります。 このレシピは、加熱する工程がありません。水気は雑菌繁殖の元となり、保存の大敵ですので、しっかりと拭き取っておきましょう。 【3】縦半分に切り種ごと3cm幅(指2本分程度の幅)に切ります。 大きなピーマンなら縦1/4に切るとよいです。 【4】手順1の袋に加え調味料が全体に混ざるよう軽くもみ込み、空気を抜いて密封し冷蔵庫で1時間以上漬けます。 袋の口は1/4ほど開けておき、空気が抜けるようにすると、もみやすいです。 袋をもんだり、底をほぐすようにたたいて、調味料がまんべんなく行き渡るようにしましょう。 【5】充分に消毒した保存容器に移し替えて保存することをおすすめします。 袋を平らにして、空気を抜いてから密封して保存してもよいのですが、保存容器のほうが取り出しやすいのと、保存中、袋の口から調味液が漏れるという事故を防ぐことができます。 ■作り置きのコツ・ポイント 水気は雑菌繁殖の元となり保存の大敵ですのでピーマンを洗った後の水気はしっかりと拭き取っておきましょう。 袋をもんだり底をほぐすようにたたいて、調味料がまんべんなく行き渡るようにしましょう。 充分に消毒した保存容器に移し替えて保存することをおすすめします。保存容器のほうが取り出しやすく、保存中に袋の口から調味液が漏れるという事故を防ぐことができます。 ■アレンジのヒント 一緒に加えておいしい具材:きゅうり/にんじん 一緒に加えておいしい調味料・香味野菜:ラー油/にんにくすりおろし/しょうが(千切り/すりおろし)/輪切り唐辛子/刻み昆布/干しえび 細切りにして作り、冷やし中華の具材としても。 https://mayukitchen.com/chinese-style-pickled-peppers/