京都♪出汁を取った後の昆布で作る佃煮

材料(作りやすい分量) 干しシイタケ 150g 出し汁を取った後の昆布(10cm程度) 3~4枚 ◎酒 大さじ1 ◎しょうが(みじん切り) 大さじ1/2 ☆濃口醤油 大さじ1と1/2 ☆砂糖 大さじ2 ☆塩 少々 ☆しょうが(千切り) 小さじ1程度
出汁を取った後の昆布を使った佃煮です。「始末する」=ちゃんと使い切る、京都の心意気を付け継いだ一品です。 作り方 [1] 干しシイタケは300cc程度の水に浸けて戻します。画像はつまようじと比較したものです。大体これぐらいで150gです。 [2] 戻したしいたけは石づきを取り、食べやすい大きさに切ります。昆布も画像のように切ります。 [3] 出しを取った後の昆布がない場合は、干しシイタケと一緒に昆布も戻してください。 [4] 圧力鍋に2ともどし汁と◎を入れます。加圧後12分で火を止め冷まします。普通のお鍋の場合は昆布が柔らかくなるまで煮ます。 [5] 5の煮汁を50cc~60ccに減らして、☆を加えます。強火で5,6分汁気を煮飛ばすように煮詰めます。 [6] お好みでゴマを添えて出来上がり~♪(⌒∇⌒) ■コツ・ポイント ・干しシイタケは水に浸けると浮くので、小皿で押さえると便利です。・石づきは固い部分を切り落とせば食べられるので、お味噌汁とかに使ってくださいね。・5の過程で余った煮汁もお吸い物や煮物に使えます♪ ■このレシピの生い立ち 我が家の定番料理です♪だしを取った後の昆布が美味しく食べられます。