パプリカと鶏むね肉のオイマヨ炒め

■保存期間 冷蔵5日/冷凍1か月 ■紹介文 今日は、パプリカと鶏むね肉を使ったメインおかずのレシピをご紹介します。 オイスターソースとマヨネーズで味付けします。下ごしらえしたあとはマヨネーズでゆっくりと炒め、ほとんどほったらかしで作ります。甘味調味料は使用せず調味料も控えめの分量ですが、パプリカの甘味と風味が活きたコクたっぷりの味に仕上がります。 そのままはもちろん、ご飯にたっぷりとかけて丼飯やワンプレートにもどうぞ。また、お好みの野菜やきのこを加えて色鮮やかでボリュームたっぷりアレンジや、にんにくや唐辛子を加えてさらにパンチをきかせたり、幅広いアレンジにも活用いただけます。 ■材料(4人分) パプリカ 2個(赤、黄1個ずつなら、よりきれいです) 鶏むね肉 2枚(300g目安×2) 片栗粉 大さじ2 マヨネーズ 大さじ2 ■合わせ調味料 オイスターソース 大さじ2 しょうゆ 大さじ1 粗挽き黒こしょう 小さじ1/2(辛味がお好みの方は、ぜひ小さじ1で)
■作り方 【1】パプリカは縦半分に切り、ヘタと種を取り除き、1.5cm程度の幅(人差し指の幅目安)に縦に切ります。 この手順は、手順10の鶏肉を炒めている間に行うと効率良く出来ますが、無理しない程度に対応しましょう。 親指でヘタを外側から押すようにすると、パキッと取れます。 大きいパプリカの場合は、長さを半分に切るか、斜めに切るとよいです。 【2】合わせ調味料を混ぜ合わせておきます。 この手順も、手順10の鶏肉を炒めている間に行うと効率良く出来ますが、無理しない程度に対応しましょう。 【3】鶏肉は流水で洗い、水気を拭きます。 鶏肉は、水洗いして水気を拭いてから調理すると、臭みが取れます。 【4】皮をはいでから4~5cm長さに切ります。キッチンバサミを使うと切りやすいです。 皮を料理に含めるのは苦手という方も、捨てるのではく、ぜひ、別の料理に活用しましょう。鶏皮の生姜焼きや鶏皮ねぎ酢もおすすめですが、ひじきたっぷり炒り高野に、ひき肉代わりに、キッチンバサミで細かく刻んで入れると、ものすごくコクが出ます。 皮は冷凍することも出来ます。水分をキッチンペーパーで拭き取り、ラップにぴっちりと包み平らにしてから急速冷凍すると良いです。 【5】1.5cm厚さ(人差し指の幅目安)の、大きめのそぎ切りにします。包丁の刃を右側に寝かせるように当てて、手前に引くようにして切ります。 あとでさらに細切りにしますので、ここでは大きめにそぎ切りにします。 「そぎ切り」とは、厚みのある材料を、そぐように切って、厚みをそろえる切り方のことです。 今回のように鶏むね肉をカットする際や、野菜では、キャベツの芯に近い硬い部分や、同様に白菜の芯に近い白い部分をカットする際は、ぜひ、この「そぎ切り」をおすすめします。 【6】さらに1.5cm幅に切ります。 ここでも包丁の刃を右側に寝かせるようにして切るとよいです。 繊維を断ち切るように切っても、繊維と同じ方向でも、どちらでも構いません。 【7】鶏むね肉に、片栗粉をもみこむようにしてまぶしつけます。 鶏むね肉に片栗粉をまぶすことで、鶏むね肉にボリュームを持たせ、旨味を閉じ込めます。最後に合わせ調味料を加えて炒めると、少しとろみが付いて全体的にまとまります。作り置きして時間が経っても余分な水気が出にくくなり、また、「硬い干し肉」状態になることを防ぎます。 今回は直接手で片栗粉をもみ込んでいますが、ポリ袋に入れて行っても構いません。 【8】フライパンに炒め用のマヨネーズを入れて弱火にかけ、ゆっくりと溶かします。 マヨネーズの周りがふつふつとしてきたら、ヘラで伸ばしながら混ぜるようにすると、なめらかに溶けます。 【9】手順7の鶏むね肉を広げ入れます。 多少くっついても構いません。あとの工程で、はがれます。 【10】ふたをして、弱火のまま4~5分ほどほったらかしにします。 鶏むね肉は急激に火を通すと、硬くなってしまいます。できるだけ、ゆっくり、じっくりと加熱しましょう。また、火が強いとマヨネーズが焦げてしまいます。 炒めている間は、放置しましょう。むやみにいじると、火の通りが悪くなり、片栗粉もはがれてしまいます。洗い物でもしておきましょう。 【11】表面が白く変わり、軽く焼き色がついたら全体をざっとかき混ぜます。 くっついている部分は、ヘラで切るか、箸でほぐすと良いです。 調味料を絡める際にほぐれていきますので、あまり神経質になる必要はありません。 【12】手順1のパプリカを加えて、ざっと全体を混ぜ合わせて油を回します。 【13】手順2の合わせ調味料を加えて全体になじませて、再びふたをして、蒸気が充分に立つまで3分ほど加熱します。 火加減は弱火のままで構いません。強くしても、弱めの中火程度です。 パプリカと鶏肉に、しっかりと火を通します。 【14】充分に蒸気が立ったらざっと全体を底からかき混ぜて汁気を飛ばします。 フライパンの底をヘラでなぞれるようになるまで煮切ります。 【15】保存の際は、 粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。 ■作り置きのコツ・ポイント 鶏肉は水洗いして水気を拭いてから調理すると臭みが取れます。 鶏肉の皮はキッチンバサミを使うと切りやすいです。 「そぎ切り」とは、厚みのある材料をそぐように切って厚みをそろえる切り方のことです。今回のように鶏むね肉をカットする際は、この「そぎ切り」をおすすめします。 鶏むね肉に片栗粉をまぶすことで、鶏むね肉にボリュームを持たせ、旨味を閉じ込めます。最後に合わせ調味料を加えて炒めると、少しとろみが付いて全体的にまとまります。作り置きして時間が経っても余分な水気が出にくくなり、「硬い干し肉」状態になることを防ぎます。 鶏むね肉は急激に火を通すと硬くなってしまいます。できるだけゆっくり、じっくりと加熱しましょう。 鶏むね肉を炒める際はできるだけ放置しましょう。むやみにいじると火の通りが悪くなり、片栗粉もはがれてしまいます。 保存の際は粗熱を取ってから、充分に消毒した容器に入れて冷蔵庫で保存しましょう。 ■アレンジのヒント 一緒に加えておいしい具材:ピーマン/玉ねぎ/なす/ズッキーニ/お好みのきのこ類/長芋/たけのこ/にんにく(すりおろし、薄切り)/しょうがすりおろし/赤唐辛子(粉末、輪切り) 丼飯またはワンプレートの具材としても。 お好みで、さらにマヨネーズや、粗挽き黒こしょうをたっぷりと振りかけても。 卵で閉じたり、オープンオムレツの具材としても。 オーブンで焼いても。お好みでさらにマヨネーズをかけ、パン粉をふりかけます。 https://mayukitchen.com/paprika-chicken-oyster-mayo/