3種類のアメリカン・クッキー レシピ・作り方

材料(約10人分) 【ココア&ホワイトクッキー(中央)】 10個分 無塩バター(常温に戻す) 25g 上白糖 40g 溶き卵 25g バニラオイル 4滴 【粉】 薄力粉 50g ベーキングパウダー 小さじ1/4 ココアパウダー 小さじ3 【デコレーション用】 製菓用ホワイトチョコレート 150g 湯煎用 お湯 適量 冷やす用 冷水 適量 【チョコチップクッキー(左と右)】 各10個分 無塩バター(常温に戻す) 214g 上白糖 90g 三温糖 90g 溶きたまご 100~110g バニラオイル 小さじ1 ホットケーキミックス 300g ベーキングソーダ 小さじ1 塩 1つまみ 【トッピング】 M&M(マーブルチョコレート) 30粒くらい 製菓用チョコチップ 120g
作り方 [1] まず、写真中央のココア&ホワイトクッキーの生地をつくります。※調理用の温度計と、直径8センチの丸い型抜きを使用します。いずれも100円ショップ等で購入できます。 [2] 粉の材料を合わせてふるっておきます。 [3] バターを木べらでよく練り、上白糖を加えてクリーミーにします。※ハンドミキサーを使う場合は【弱~中】で行います。 [4] 泡だて器に持ち替えて、溶き卵を3回に分けて加えます。 [5] バニラオイルを加えます。 [6] ふるっておいた粉類を入れてゴムベラに持ち替え、切るように混ぜていきます。まとまってきたら練るように混ぜ合わせます。 [7] ラップをして冷凍庫で急冷させます。 [8] 冷やしている間に、写真右と左のチョコチップクッキーの生地作りをします。 [9] 木べらまたはハンドミキサー(弱~中のパワー)で、無塩バター、上白糖、三温糖をふんわりするまで混ぜ合わせます。 [10] 泡だて器に持ち替えて、溶き卵を3回に分けて加え、バニラオイル、塩を入れて混ぜます。 [11] ホットケーキミックスとベーキングソーダを加えて、木べらに持ち替え 粉っぽさが無くなるまで混ぜたら そのままおいておきます。 [12] 冷やしておいたココア&ホワイトクッキーの生地を取りだし、型を抜きます。 [13] オーブンを180度に予熱します。 [14] きれいな台の上で麺棒を使って5ミリの厚さにのばし、丸型で手早く抜いていきます。 [15] クッキングシートをしいた天板に並べ、爪楊枝で数か所穴をあけ、10分焼きます。焼けたら取りだして、ラックの上で冷まします。 [16] チョコチップクッキー作りに戻ります。まずは写真右のM&M入りです。もう1枚の天板にクッキングシートを敷き、生地を大さじ1ずつ、5センチ程 間隔をあけて置いていきます。 [17] 注意※加熱すると溶けて平らに広がるので、無理に並べないようにします。オーブン、天板の大きさや枚数に合わせて 2回に分けて焼くなど、おすすめします。 [18] クッキー生地の表面をきもち平らにして、中央にM&M(マーブルチョコ)を3つずつはめ込んでいきます。 [19] オーブンがあいたら、190度に予熱します。 [20] クッキー生地が半量になったら、写真左のスタンダードなチョコチップクッキーにするため、製菓用チョコレートチップを生地に混ぜ、木べらでしっかりと混ぜ合わせます。 [21] あいた天板と、先に焼いた時のクッキングシートをもう1度使い、16のクッキー生地と同じように並べます。 [22] オーブンで10分焼き、キツネ色になったら取りだし、ラックに乗せて冷まします。チョコチップクッキーはこれで完成です。 [23] ココア&ホワイトクッキーのデコレーションをします。 [24] ※ここから温度計を使います。冷やす用の冷水も使うので、大きめのボウルに入れておきます。フライパンに水を入れて70度にし、火を止めます。 [25] 製菓用ホワイトチョコレートを刻んでボウルに入れ、24のフライパンの湯煎で溶かします。 [26] チョコが全て溶けたら、そのボウルを冷水につけながら絶えず混ぜ、 チョコの温度を30度に下げます。 [27] フライパンのお湯を40度にし、チョコレートのボウルを再び湯煎にかけます。クリーミーに溶けたら、ココアクッキーを半分浸してラックに立てかけます。 [28] 次第にチョコはかたまり、全ての工程は終了です。お疲れさまでした! [29] クッキードーザーの世界を再現するために、市販のコインチョコとオレオを混ぜています。 [30] お子さんには鳥かごスタイルにして、1日1個ごほうびをあげる なんていうのもいいかもしれません♪ きっかけ クッキードーザーというゲームのクッキーがとてもおいしそうで、がんばって再現してみました。 おいしくなるコツ 今回は一気に3種類のクッキーを焼いたので手順がややこしくなってしまい、申し訳ありません。 工程と焼き時間は変わらないので、あとはオーブンの大きさなどを見て 焼く回数を調整してくださいね。