食材から探す
料理名から探す
公式レシピ レシピをよむ レシピカード クラシルショート クリエイター
クラシルのサービス
【野菜ひとつ】さつまいものガリマヨ炒め

【野菜ひとつ】さつまいものガリマヨ炒め

フォロー
保存:1
■保存期間 冷蔵5日/冷凍1か月 ■紹介文 今日は、さつまいものおかずのレシピをご紹介します。 さつまいもにマヨネーズとにんにくを絡めてじっくりと炒めてしょうゆと粗挽き黒こしょうで仕上げる、ご飯に合う甘くないさつまいものおかずです。 そのままはもちろん、大葉千切りなどを加えるとお酒のおつまみにもぴったりの一品になります。 もうあと一品の副菜やお弁当のおかず、酒の肴にもどうぞ。

材料

(4人分)
  • さつまいも
    中2本(400g)
  • マヨネーズ
    大さじ2
  • にんにくすりおろし
    小さじ1(1片分)
  • しょうゆ
    小さじ2(10ml)
  • 粗挽き黒こしょう
    小さじ1/2

手順

  • 【1】さつまいもはよく洗って両端の硬い部分は取り除き、皮ごと4~5cm長さ(指3本分の幅目安)、7mm幅(人差し指の1/2幅目安)の拍子木切りにします。多少重めでも問題はありませんが、3割増程度までにとどめたほうが、味付けがぼやけることがなく、うまく仕上がります。さつまいもは皮ごと使いますので、よく洗います。まず4~5cm長さに切り、7mm幅の板状に切ってから、端から7mm幅に切っていきます。切ったそばから、水につけていくとよいです。
  • 【2】切ったさつまいもは水につけてざっと洗いざるに上げます。このレシピは、色がそのまま出ますので、変色の原因のひとつであるアクを洗い流しておきます。ただし、変色を完全に抑えることはできませんのでご容赦ください。変色原因成分のうちのひとつ「クロロゲン酸」は、皮の近くにたっぷりと含まれているため、皮ごといただく調理法では、どうしても皮の付近に多少の黒ずみが出ます。
  • 【3】ざるを傾けてさつまいもの水気をさらに切ってからフライパンにさつまいもと合わせ調味料を入れてよく和えます。余分な水気が入ると、油分がはねてしまいますので、できるだけ水気を切りましょう。ざるごと傾けると、余分な水気をさらに切ることができます。火はまだつけません。
  • 【4】ふたをして弱火にかけます。7~8分ほど経ち蒸気が立ったら、全体をよくかき混ぜます。
  • 【5】再びふたをして、さらに4~5分ほどじっくりと蒸し焼きにします。蒸し焼きの間は、放置しましょう。むやみにいじると、火の通りが悪くなってしまいます。洗い物でもしておきましょう。多少焦げても構いません。そのほうがおいしいです。
  • 【6】さつまいもに竹串が通ったら仕上げ用調味料を加えて、全体をかき混ぜて絡めます。焦げ付きが心配なら、火を止めて行っても構いません。しょうゆを加える際は、鍋肌から回すように加えると、より香ばしく仕上がり、全体にも行き渡りやすいです。
  • 【7】保存の際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れ、冷蔵庫で保存します。

投稿者からのコメント

■作り置きのコツ・ポイント 余分な水気が入ると油分がはねてしまいますので、できるだけ水気を切りましょう。ざるごと傾けると余分な水気をさらに切ることができます。 蒸し焼きの間は放置しましょう。むやみにいじると火の通りが悪くなってしまいます。洗い物でもしておきましょう。 しょうゆを加える際は、鍋肌から回すように加えるとより香ばしく仕上がり、全体にも行き渡りやすいです。 保存の際は充分に消毒した保存容器に入れ、冷蔵庫で保存します。 ■アレンジのヒント 一緒に加えておいしい具材:大葉(千切り/ちぎる)/青ねぎ小口切り/すりごま/いりごま/ベーコン いただく際、粉チーズを振ったり、さらにマヨネーズを添えても。 冷やしてサラダの具材としても。 オープンオムレツや、キッシュの具材としても。
※みやすさのために書式を一部改変しています。

その他のレシピカード

おすすめのレシピ動画