食材から探す
料理名から探す
公式レシピ レシピをよむ レシピカード クラシルショート クリエイター
クラシルのサービス
【野菜ひとつ】蒸しスナップえんどう

【野菜ひとつ】蒸しスナップえんどう

フォロー
いいね:1
保存:1
■保存期間 冷蔵5日/冷凍1か月 ■紹介文 今日は、スナップえんどうのレシピをご紹介します。 スナップえんどうはシンプルに塩味で蒸すと素材そのものの甘味がぎゅっと凝縮されとてもおいしくいただけます。 塩と少量の水に酒を少し加えてフライパンで蒸します。ゆでるよりも早く甘味と旨味が詰まった仕上がりになります。 サラダや和え物、卵炒めなどの下ごしらえとしても活用いただけます。もちろんこのまま、もうあと一品の副菜やお弁当のおかず、おつまみにもどうぞ。

材料

(4人分)
  • スナップえんどう
    300g(2パック、30~40本程度)
  • 大さじ4(60ml)
  • 大さじ1(15ml)
  • 小さじ1/2

手順

  • 【1】スナップえんどうの筋を取ります。ヘタ(帽子のような形をしたほう)を下にして上側の先を爪でポキッと折って、弓なりの内側(短いほう)にスーッと引っ張って太い筋を取ります。
  • スナップえんどうの筋は硬いです。普段きぬさや、さやいんげんの筋は取らないという方も、スナップえんどうの筋は、しっかりと取りましょう。
  • しっかり両手を使って行いましょう。
  • 【2】ヘタ側も同じように爪でポキッと折って、弓なりの外側(長いほう)にスーッと引っ張って細い筋を取ります。
  • ヘタが折りにくい場合、キッチンバサミで切り込みを入れるとよいです。
  • このように、ヘタの反対側から内側の筋を取ってから、ヘタ側から外側の筋を取ると、途中で途切れにくく、まんべんなくきれいに筋を取りやすいです。
  • 【3】フライパンにスナップえんどうと合わせ調味料を入れて全体を混ぜ合わせふたをし、弱めの中火にかけます。
  • 【4】7~8分ほど経ち充分に蒸気が立ったら出来上がりです。
  • 火を止めた直後は少し水分がありますが問題ありません。余熱でほとんどなくなります。
  • お好みで、軽く焦げ目が付くまで加熱しても、香ばしくおいしくいただけます。
  • 【5】保存の際は、
  • 粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で保存します。

投稿者からのコメント

■作り置きのコツ・ポイント スナップえんどうの筋はヘタの反対側から内側の筋を取ってからヘタ側から外側の筋を取ると途中で途切れにくく、まんべんなくきれいに筋を取りやすいです。 ヘタが折りにくい場合キッチンバサミで切り込みを入れるとよいです。 お好みで軽く焦げ目が付くまで加熱しても香ばしくおいしくいただけます。 保存の際は粗熱を取ってから、充分に消毒した容器に入れて冷蔵庫で保存しましょう。 ■アレンジのヒント 一緒に加えておいしい具材:にんにく(みじん切り、スライス、すりおろし)/粗挽き黒こしょう/一味唐辛子/オリーブオイル/ごま油 サラダや和え物、卵炒めなどの下ごしらえとしても活用いただけます。
※みやすさのために書式を一部改変しています。

その他のレシピカード

おすすめのレシピ動画