サバとれんこんのバタポン炒め

バターとポン酢のさっぱり!コクうまっ!な炒め物です🥰 サバの青魚らしさも和らぎ、青魚苦手な方にもオススメです♫ ジューシーなサバとレンコンのシャキシャキ食感も楽しめますよ🙌✨ サバが身崩れしないポイントやバターの香りを活かすコツなども載せているので、ぜひ見てみて下さいね⭐️ 【材料】2人分 サバ(半身):小さめ2枚分……約240gほど             レンコン:小1節 酒:大さじ1 ポン酢:大さじ2 無塩バター:15g 塩胡椒:適量 片栗粉:適量 サラダ油:適量 粗挽き黒胡椒:適量 【作り方】 ①サバは、一口代大のそぎ切りにし、塩(分量外:2つまみ)を振りかけ、10分ほど置き、水気を拭き取る。 ②レンコンは、皮を剥き、5ミリ幅ほどの半月切り又はいちょう切りにする。 ③①に片栗粉をまぶし、余分な粉ははたく。 ④フライパンに少し多めの油を敷き、火にかけ熱し、③のサバを皮目から加え、全体に焼き色がつくまで時々返しながら焼き、一度取り出す。 ⑤フライパンを綺麗にし、火にかけ熱し、サラダ油を敷き温め、レンコンを加え、焼き色をつけるように強めの中火で炒める。 ⑥⑤に④のサバを戻し入れ、塩胡椒をし、サッと炒め合わせる。 ⑦酒とポン酢を加え、絡めるように炒める。 ⑧無塩バターを加え、全体に絡んだら、塩胡椒で味を調え、皿に盛り付け、仕上げに粗挽き黒胡椒を振りかける。
【ポイント】 ⑴ サバは、塩をして、10分ほど置き、水気を拭き取ることで臭みを取ることが出来ます。 ⑵サバを一度揚げ焼きにするのは、レンコンと炒め合わせた時に身崩れを防ぐためです! ただ、揚げ焼きする時はすぐにいじらないで、しばらく焼き色がつくまで揚げ焼きする方が、身がカリッと仕上がります♫ ⑶無塩バターは、最後に加えて、香りを引き立てます✨ ○ご家庭で使用するポン酢の塩分量や酸味など異なりますので、調整して下さいね♫ ○レンコンは、今回酢水にさらさず調理しています。酢水にさらした方が色止め効果はあるのですが、レンコンの旨味や香りも逃げてしまうので、すぐに調理に取り掛かる場合は、酢水にさらさなくてもOK🙆‍♀️!