食材から探す
料理名から探す
公式レシピ レシピをよむ レシピカード クラシルショート クリエイター
クラシルのサービス
大満足☆高野豆腐の挽き肉サンドフライ♪

大満足☆高野豆腐の挽き肉サンドフライ♪

フォロー
お肉ちょっとでボリューム満点おかず!しかもオーブンで調理でさらにヘルシー♪

材料

(8個分)
  • 高野豆腐
    4枚
  • 合挽き肉
    50g
  • 玉ねぎ(みじん切りに)
    1/4個
  • ★味噌
    小さじ1
  • ★マヨネーズ
    小さじ1
  • ★塩・コショウ
    各少々
  • ★ナツメグ
    少々
  • ★溶き卵
    小さじ1
  • こんがりパン粉
    適量
  • 小麦粉
    適量
  • 溶き卵
    適量

手順

  • まず、レンジで『こんがりパン粉』を作っておきます。
  • 高野豆腐はぬるま湯で戻して水気を絞り、一枚を二等分にしてさらに真ん中に切り込みを入れます。(最後まで切らない)
  • 小さめのボウルにみじん切りにした玉ねぎと合挽き肉、★印を全部加えてよく混ぜたら、高野豆腐の間に挟んでいきます。
  • 高野豆腐のまわりに小麦粉をまぶし、溶き卵にくぐらせて①のこんがりパン粉を全体にしっかりつけていきます。
  • 天板にクッキングシートを敷いてその上に並べていき、200~210度に余熱したオーブンで約20分焼きます。
  • これで完成~♪…でももちろんOKなのですが、ここからサクサク感アップ&高野豆腐の食感を変化させる大きなポイントを☆
  • オーブン終了後、オーブンレンジならそのままレンジ加熱を数十秒(950Wで約20秒)、続けてトースターグリルで約4分加熱。
  • 以上で出来上がり♪お好きなソースでお召し上がりくださいね♪
  • この時のレンジ加熱が高野豆腐の食感を変化させます!!言葉で表現しにくいのですが、よりお肉に合う『もふもふ』な感じ…かな?

投稿者からのコメント

■コツ・ポイント ・材料の★印の溶き卵は、衣用の溶き卵から小さじ1取って使っています。・オーブンの温度や加熱時間はそれぞれご家庭の機種に合わせて調節してください♪ ■このレシピの生い立ち 最初は高野豆腐のみをオーブンフライにしてたんですが、やっぱりちょっと物足りない感じで…。そこでミンチを挟んでみたところ、ボリューム&コクが出て大満足の一品になりました(^_^) ーーーーーーーー こんがりパン粉で揚げないフライ♪の材料はこちら ーーーーーーーー 材料(4人分で使い切りやすい量) パン粉 60g サラダ油やオリーブ油 大さじ2 小麦粉 適量 卵 1個 ■☆お好きな具材 ーーーーーーーー こんがりパン粉で揚げないフライ♪のレシピはこちら ーーーーーーーー 作り方 [1] まず初めにこんがりパン粉を作ります。これが決め手です。 [2] 油をパン粉全体によくまぶし、レンジで加熱します。大きめの耐熱容器に入れてください。 [3] ラップなしでパン粉がキツネ色になるまで加熱します。機種にもよりますが600W~950W使用で時間は4〜6分程度です。 [4] そのとき、途中で何回か取り出してパン粉の色を確認しながら加熱していってください。その都度全体をよく混ぜてね。 [5] 加熱前の色です。(ラーメン鉢ですみません!) [6] 少し加熱してこんな感じ。まだまだこんがりにはほど遠いですね。 [7] だんだん色付いてきます。器も熱くなっているので、取り出すときには火傷に注意!!ミトンなどを使って下さい。 [8] そして完成♪このくらいの色が私の好みです。通常のフライの出来上がりの色を目安に。 [9] こんがりパン粉が完成したら、あとはお好きな具材を準備。豚肉・鶏肉・海老・コロッケ [10] それらの具材を小麦粉→溶き卵→こんがりパン粉の順につけていきます。最初の小麦粉はしっかりつけておくほうがいいと思います。 [11] 天板にシートを敷き、重ならないように並べます。 [12] 210度のオーブンで、海老など火の通りやすい物なら13分、コロッケなら18分、お肉系なら20分を目安に焼いていきます。 [13] 火をしっかり通したいものほど長めに焼いてくださいね。オーブン加熱なので電話やチャイムが鳴ってその場を離れても安心です♪ [14] 【さらにサクサクに仕上げるコツ】機種的に可能なオーブンレンジであれば、オーブンで焼いた直後取り出さずにそのまま [15] レンジ加熱(500W)を数十秒〜1分半→トースターグリル機能(パンをトーストする機能)約4分を連続追加します。 [16] するとよりサクサク感がアップ!(揚物をサクっと温め直すオーブンレンジの機能を手動化したものを応用しています) [17] 例えばチキンカツなら、そぎ切りにした鶏肉にまぶしてオーブンに入れるだけ。胸肉でもしっとりパサつかずジューシな仕上がりに♪ [18] 薄切り豚肉2枚の間にチーズを挟んだチーズ豚カツや、カキフライも作れます。 [19] 油の使用量が少ないのでお好きなヘルシーオイルで出来ますし、こんがりパン粉だけ多めに作って冷凍保存しておくことも可能です。 [20] 今まで色んなヘルシーフライ法を試してきましたが、私の中でこれが一番ほんとの揚げ物に近くて美味しい調理法でした。 [21] サラダ油の分量は大さじ1半くらいでも大丈夫です。少なくなるほどあっさりと軽いサクサク感に。
※みやすさのために書式を一部改変しています。

その他のレシピカード

おすすめのレシピ動画