油淋鶏(ユーリンチー) 夏レシピ

材料(油淋鶏) 鶏もも肉 1枚 味塩コショウ 適量 溶き卵 1個分 片栗粉 適量 揚げ油 適量 ■【タレ】 醤油 大さじ2 酢 大さじ2 砂糖 大さじ2 生姜微塵切り 小さじ2 長ネギの微塵切り 大さじ1 刻んだパクチー又はパセリ又は大葉など 好みで レモン汁(今回は代わりに宮崎完熟マンゴー使用) 1/3個分 ■(付け合わせ) レタスの太千切り 1/2個分
サッパリとしたタレで野菜と共に食べる!夏向きの定番中華!美味いぞ 作り方 [1] 鶏もも肉は同じ厚さに開き筋切りして余分な脂身は切り落とす [2] 塩コショウを鶏肉に擦り込むようにして味をつける [3] 溶き卵に潜らせ、片栗粉を鶏肉全体にしっかりとつける。 [4] 170〜180℃の油でカリッとなるまで揚げる2度揚げで5分程揚げたら、一旦取り出し、空気にさらして更に2分ほど揚げた [5] 揚げている間にタレの材料を合わせる [6] 今回はレモンの代わりに宮崎マンゴーを微塵切りの少しペースト状にしたものを1/4個分使ってみた。 [7] カラッと揚がったら、ひと口大サイズにカットして、レタスを敷いた皿の上に盛り付ける [8] 揚げたてのうちに上から、油淋鶏のソースを掛けて完成 ■コツ・ポイント 油淋鶏のソースに入れるパクチーは香りが強いため、苦手な人は生のパセリを微塵切りにしたものを使ってください ■このレシピの生い立ち 日本では定番油淋鶏中国では衣を付けずに作る油淋童鶏が人気。