ダイエットにも!鶏胸肉の薬味甘酢ダレ

材料 鶏胸肉 1枚 大葉 3枚 茗荷 1本 生姜 1片 A塩 小さじ1/2 Aきび砂糖 小さじ1 B 醤油 大さじ1 B米酢または黒酢 大さじ1 Bきび砂糖 小さじ2 米油またはサラダ油 大さじ2 片栗粉 適量
カリッとした鶏と薬味で爽やか!きび砂糖の保水性の効果で、胸肉もしっとり。下処理でひと工夫!柔らか仕上げ♪ 作り方 [1] Bは、みじん切りにした大葉と茗荷が入る容器に入れ、混ぜ合わせておく。 [2] 鶏胸肉はフォークで複数箇所刺して一口大に切る。Aと鶏肉をビニール袋に入れ合わせ15〜30分おく。片栗粉を全体にまぶす。 [3] みょうが、大葉はみじん切りにし、生姜はすりおろす。 [4] フライパンに米油(サラダ油)を熱し、中火で鶏胸肉をしっかりとした焼き色がつくまでしっかり焼く。 [5] 裏返し蓋をして弱火で3〜4分焼く。火が通ってなければ、焼き時間を追加する。 [6] Bと大葉とみょうがと生姜を混ぜ合わ薬味ダレをつくる。器に鶏胸肉を盛り付け、混ぜ合わせたタレをかける。 ■コツ・ポイント 発酵調味料で作る場合は、Aを塩麹・きび砂糖各小さじ1、Bを醤油麹小さじ1、醤油小さじ2、米酢または黒酢大さじ1、きび砂糖小さじ2に置き換えてください。塩麹が鶏肉をしっとり柔らかくし、醤油麹を入れることで旨味のつまったタレになります。 ■このレシピの生い立ち 暑い夏にも食欲が増すスタミナおかずを食べたくて♪