食材から探す
料理名から探す
公式レシピ レシピをよむ レシピカード クラシルショート クリエイター
クラシルのサービス
高野豆腐の生姜焼き

高野豆腐の生姜焼き

フォロー
いいね:2
保存:3
■保存期間 冷蔵5日/冷凍1か月 ■紹介文 今日は、高野豆腐の甘辛焼きのレシピをご紹介します。 しょうがをきかせた甘辛ダレを高野豆腐にじゅわっと絡めた、食べごたえのある照り焼き風の一品です。 戻した高野豆腐に片栗粉をまぶして焼き調味料を絡めて完成、手軽に作れます。 しっかり甘辛味ですのでご飯のおかずにはもちろん、お弁当のおかずやおつまみにもぴったりです。

材料

(4人分)
  • 高野豆腐
    4個
  • 片栗粉
    大さじ3
  • サラダ油
    大さじ1(15ml)
  • 大さじ4(60ml)
  • 大さじ2(30ml)
  • しょうゆ
    大さじ2(30ml)
  • みりん
    大さじ2(30ml)
  • 砂糖
    小さじ2
  • 顆粒和風だしの素
    小さじ1/2
  • しょうがすりおろし
    大さじ1(3~4cm角1片分)

手順

  • 【1】合わせ調味料の材料を混ぜ合わせておきます。
  • この作業は、手順6~7で高野豆腐を焼いている間に行うと効率が良いですが、無理しない程度に対応しましょう。
  • 【2】高野豆腐は製品の表記に従い、40~50℃のお湯または水につけて戻します。
  • 「水戻し不要」のものは、水につけて1~2分程度で戻ります。重曹などの膨張剤を使用していないものは、50℃のお湯で20分程度で戻ります。
  • 【3】戻した高野豆腐を水の中で白くにごるまでもむようにして押し、水気を絞り4等分に切ります。
  • 白くにごるまで、しっかりともんで押しておくことで、仕上がりの際、粉っぽい風味の独特のクセを抑えます。また、味がしみ込みやすくなります。
  • 【4】手順3の高野豆腐に片栗粉をまぶしつけます。
  • 手順1とは別のボウルです。
  • 多少ムラになっても構いません。
  • 【5】フライパンにサラダ油を入れて中火にかけ、サラサラの状態になるまで1~2分ほど加熱します。
  • 8人分を作る際は、手順5~7まではフライパン2台で進め、手順8で1台にまとめてから合わせ調味料を加えると、ムラなく仕上がります。
  • 【6】手順4の高野豆腐を並べ入れ中火のまま加熱します。5~6分ほど経ちフライパンに面している側がカリッと焼けたら、ひっくり返します。
  • 【7】中火のままさらに2~3分加熱し、反対側も焼けたらひっくり返します。
  • 【8】手順1の合わせ調味料を加え、手早く絡め火を止めます。
  • 【9】保存の際は、
  • 粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。

投稿者からのコメント

■作り置きのコツ・ポイント 高野豆腐は白くにごるまでしっかりともんで押しておくことで、仕上がりの際の粉っぽい独特のクセを抑え、味がしみ込みやすくなります。 保存の際は粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。 ■アレンジのヒント いただく際に添えておいしい香辛料・香味野菜:一味・七味唐辛子/マヨネーズ/青ねぎ小口切り バターを絡めても。 サラダの具材としても。 あらかじめ切れている高野豆腐を使っても。 高野豆腐を横半分に切ったり、切らずにそのまま大きめサイズで作ると、より食べごたえのある仕上がりになります。
※みやすさのために書式を一部改変しています。

その他のレシピカード

おすすめのレシピ動画