なすと豚こまの味噌炒め

■保存期間 冷蔵5日/冷凍1か月 ■紹介文 今日は、なすと豚こま切れ肉を使った、メインおかずのレシピをご紹介します。 豚こま切れ肉にとろとろのなすに食欲が進む甘辛みそ味が絡み、ご飯によく合う一品です。 なすと豚こま切れ肉を一緒に炒めますので、手早く作ることができます。 冷めてもおいしいですので、お弁当のおかずやのっけ弁の具材にもどうぞ。 ■材料(4人分) なす 400~450g程度(4~5個目安、長なすなら2~3本) 豚こま切れ肉 300g 片栗粉 大さじ4 サラダ油 大さじ2(30ml) ■合わせ調味料 みそ 大さじ2 酒 大さじ2(30ml) みりん 大さじ2(30ml) しょうゆ 大さじ1(15ml) 砂糖 大さじ1
■作り方 【1】合わせ調味料を混ぜ合わせておきます。 この作業は、手順6でなすと豚肉を蒸し焼きにしている間に行うと効率が良いですが、無理しない程度に対応しましょう。 みそがダマにならないよう、よく溶いておきましょう。 【2】なすはガクを取り除きます。 鉛筆を削るように、斜めに包丁を入れると、無駄なく使えます。 ガクを取り除いたあとは、きれいに洗い、トゲを残さないようにしましょう。 【3】ひと口大の乱切りにします。 乱切りは「回し切り」ともいいます。親指と人差し指でOKを作ったサイズを目安に、回しながら切っていくとよいです。 なすは切ったらすぐに水につけて10分ほど置いてアクを抜くと良いですが、切ってすぐに使うときは水にさらさなくても構いません。 【4】手順3のなすと豚こま切れ肉に、片栗粉をもみこむようにしてまぶしつけます。 なすと豚肉に片栗粉をまぶすことで、ボリュームを持たせ、旨味を閉じ込めます。最後に合わせ調味料を加えて炒めると、少しとろみが付いて全体的にまとまります。作り置きして時間が経っても余分な水気が出にくくなり、また、「硬い干し肉」状態になることを防ぎます。 今回は直接手で片栗粉をもみ込んでいますが、ポリ袋に入れて行っても構いません。 【5】フライパンにサラダ油をひき、手順4のなすと豚肉を並べ入れ、 まだ火はつけません。 くっついたり重なったりしても構いません。詰め込むように並べます。 8人分を作る場合は、フライパン2台で作るか、2回に分けて加熱しましょう。 【6】ふたをして弱めの中火にかけます。2分ほどすると「ジューッ……」という音がしてきますので、さらに7~8分ほどそのままにします。 加熱している間は、放置しましょう。むやみにいじると、火の通りが悪くなり、片栗粉もはがれてしまいます。洗い物でもしておきましょう。 【7】豚肉の表面が白っぽくなりフライパンに面している側に焼き色が付いたら、全体をほぐすようにざっと混ぜ合わせてひっくり返します。 油がはねる場合があります。油はねが怖い方は、いったん火を止めて、30秒ほど経ってから、ふたを開け、全体を混ぜると良いです。 【8】手順1の合わせ調味料を加え全体を混ぜ合わせてなじませて、再びふたをし蒸気が充分に出るまで2~3分ほど加熱します。 合わせ調味料は、ヘラでかき出すように加えましょう。 火加減はずっと弱めの中火のままです。 【9】ふたを外し煮汁を絡めます。 ヘラで全体をかき混ぜると、すぐに煮汁が全体に絡み、煮詰まります。フライパンの底がヘラでかける程度が目安です。15秒程度で目安になるかと思います。 【10】保存の際は、 粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に移し替えて、冷蔵庫で保存します。 ■作り置きのコツ・ポイント なすは切ったらすぐに水につけて10分ほど置いてアクを抜くと良いですが、切ってすぐに使うときは水にさらさなくても構いません。 蒸し焼きにしている間は放置しましょう。、むやみにいじると火の通りが悪くなり、片栗粉もはがれてしまいます。洗い物でもしておきましょう。 合わせ調味料は、ヘラでかき出すように加えましょう。 保存の際は粗熱を取ってから、充分に消毒した容器に入れて冷蔵庫で保存しましょう。 ■アレンジのヒント 加えておいしい具材:ピーマン/ししとう/万願寺唐辛子/たけのこ/しいたけ/きくらげ/緑豆春雨(ゆで) 加えておいしい香辛料:にんにくすりおろし/しょうがすりおろし/赤唐辛子(一味/輪切り) いただく際、かけておいしい具材:粉チーズ/青ねぎ小口切り/いりごま 丼飯や、のっけ弁の具材にも。 https://mayukitchen.com/eggplant-pork-top-miso/