稲庭うどん

秋田県の郷土料理の稲庭うどん☆春が旬のふきのとうの天ぷらを添えて召し上がれ♪ ■調理時間 25分 ■栄養情報(1人分)※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く ・エネルギー 400kcal ・たんぱく質 17.2g ・塩分 4.1g ・野菜摂取量 30g ■材料(4人分) ・稲庭うどん 320g ・鶏肉・比内鶏 120g ・長ねぎ 1本 [A]水 5カップ [A]みりん 1/2カップ [A]しょうゆ 1/2カップ [A]「ほんだし」 大さじ1 ・たらの芽 4個 ・ふきのとう 4個 [B]薄力粉 50g [B]卵 1/2個 [B]冷水 1/2カップ ・「AJINOMOTO サラダ油」 適量 ・七味唐がらし 適量
■つくり方 (1)鶏肉はひと口大のそぎ切りにし、長ねぎは斜め薄切りにする。 (2)かけ汁を作る。鍋に「ほんだし」、Aを入れて火にかけ、(1)の鶏肉を加える。鶏肉に火が通ったら、ねぎを加える。 (3)たらの芽はガクのかたい部分を包丁でむき、肉厚のものはタテ半分に切る。ふきのとうはタテ半分に切る。 (4)Bを合わせて天ぷらの衣を作る。(3)に薄力粉(分量外)を薄くまぶし、衣をつけて揚げ、器に盛る。 (5)たっぷりの熱湯に稲庭うどんを半分に折って入れ、箸でほぐすように混ぜながら表示通りにゆでる。途中吹きこぼれそうになったら差し水をする。ゆで上がったら水にとり、よく洗ってザルに上げる。 (6)器に盛り、(2)のかけ汁をかけ、(4)を添え、お好みで七味唐がらしをふる。 *秋田県の郷土料理 *稲庭うどんは40cm程の長さがあるので、鍋でゆでやすいように2つに折ります。折ってゆでることで、火が通りやすく、食べやすくなります。冷たいつゆでいただくのもおすすめです。 *冷たいつゆの場合は水180mlと「ほんだし」大さじ1、みりん、しょうゆ各カップ1/4、砂糖小さじ1を合わせて火にかけ、沸騰直前で火を止め冷蔵庫で冷やします。