玉ねぎのロティ

✨淡路産玉ねぎのロティ✨ 🇫🇷玉ねぎの味を活かし、ロティにしたシンプルなフランス料理風に。 🇫🇷ロティとはオーブンで焼くと言う意味のフランス語。英語では、ローストと言います。 🇫🇷玉ねぎを切ると涙がでるのは、硫化アリルという成分が関与。非常に揮発性が高く、加熱することで甘味へ変化します。 また、消化液の分泌を促し、新陳代謝を盛んにする働きや、血をサラサラにする働きが期待できます。 ⌛️調理時間 10分 (オーブンでの加熱時間(40分)を除く。) 🍽材料 1人分 玉ねぎ 1個 オリーブオイル 大さじ2 塩 少々 アルファルファ あれば クレス あれば パルメザンチーズ 適量 🍳作り方 ①玉ねぎは、皮をむき、4ヶ所深めに切れ込みをいれる。 ②玉ねぎ全体に、オリーブオイルをなじませ塩をする。アルミホイルで包み込む。 ③オーブン190度で40分程度、火をいれる。 ④器に、玉ねぎ、焼いた際にでた玉ねぎの水分、アルファルファ、クレス、パルメザンチーズとともに彩りよく盛りつける。 →写真は、エディブルフラワー、セルフィーユを添えています。 💡玉ねぎの甘味を活かすには、オーブンなどでじっくりと火をいれると美味しくなります。また焼いた際に出た玉ねぎの水分も美味しいので、活用して下さい。 💡玉ねぎに切れ込みを深めにいれることにより、火の通りがよくなります。ただし、たくさん入れ過ぎると煮崩れしやすくなるので、注意して下さい。