仕込みたったの15分!レモネードシロップ

仕込みたったの15分!レモネードシロップ _____________________________ 旬の野菜のおいしい食べかたや 季節の手しごとレシピを投稿しています _____________________________ 季節の手しごとの中でもかんたんで、子どももたのしんでくれるのが、レモネードシロップづくり。大量につくると大変なので、レモン2個で飲みきれる分を作るのがおすすめ。これなら15分で終わります。 明日11月22日は「小雪(しょうせつ)」。暦の上では雪が降りはじめ、いよいよ冬がはじまる時季です。温かい部屋にレモンの香りが広がるととてもリラックスした気持ちになれます。レモネードを仕込んで家でゆっくり過ごす週末にしようと思います^^ _____________________________ 旬のレモンで!子どもとつくる レモネードシロップ _____________________________ ■材料:レモン2個分 レモン…2個 グラニュー糖 基本の割合(g)…レモン:グラニュー糖=1:1 甘さ控えめ(g)…レモン:グラニュー糖=1:0.7 ※グラニュー糖は他の砂糖に置き換えても◎。 ※砂糖の比率は、甘めが好きか、さっぱりめが好きかで決めればOK。私は0.8くらいの比率でつくることが多い。 _____________________________ ■作り方 【1】レモンを洗う レモンは流水で洗う。清潔なスポンジや激落ちくんなどで磨くと表面の汚れがとれてピカピカになるのでおすすめ。 【2】レモンを切る レモンを薄い輪切りにする。切りにくいときは半月切りでも◎。子どもが切るなら半月切りが安全。タネを除く。 【3】計量する レモンの重量を測る。 グラニュー糖の重量を測る。 (今回はレモンが230g、私は甘さ控えめ×0.8で作ったので砂糖は180g使用) 【4】仕上げる ジップロックなどの袋をボウルにセットする。レモンとグラニュー糖を交互に入れて完成!瓶に入れても◎ 【仕込んだあと】 ・1日目は常温においておく ・2日目は冷蔵庫にいれる ・1日に2回くらい、ビニール袋の上からもんで、レモンがシロップに均一に浸かるようにする 【飲み頃と賞味期限】 ・3日目くらいが飲み頃 ・砂糖控えめで作った場合は、漬けてから1週間−10日くらいで飲み切る。レモン:砂糖=1:1で漬けたものはもっと日持ちするが、飲みきれる分を作ったほうがおいしい。 【飲みかた】 お湯や炭酸水で割ったり。バニラアイスにかけてもおいしい。 _____________________________ ■調理のポイント ・グラニュー糖はすっきりした味わいになり、レモンの香りを感じやすいのでおすすめ。他の砂糖に置き換えても◎。上白糖、てんさい糖などでもコクがありおいしい。 ・砂糖の比率は、甘めが好きか、さっぱりめが好きかで決めればOK。私は0.8くらいの比率でつくることが多い。悩んだら砂糖少なめで作り、飲むときにハチミツなどたすとおいしい。今はメイヤーレモン(オレンジのような甘さをもつレモン)など甘い品種もあるので、そういったレモンを使う場合は砂糖は控えると◎。あと砂糖控えすぎるとレモンのエキスを引き出せず薄っぺらい味になるので、0.7よりも少ない比率にするのはおすすめしない。 ・今回はビニール袋で作ったが、瓶に入れて作っても◎。1週間くらいで飲み切るなら瓶の殺菌不要。 _____________________________