チンゲン菜と油揚げの煮浸し

こんにちは☺️ 今日は昔懐かしい、おばあちゃんやお母さんが 作ってくれていたような和食の煮浸しです。 素朴で地味なおかずですがほっとするおかずがあれば、心も調い穏やかになれるような気がします。 そして一般的な煮浸しの作り方は、だし汁に調味料を加えたものでサッと煮ますが、今回のレシピのポイントは、煮る前にじっくり具材を炒める事です。 炒める事で野菜の甘みが引き出され、コクが出ておいしくなりますよ。 作り置きも可能なので、ぜひ!お試し下さいね。 【チンゲン菜と油揚げの煮浸し】 <材料・2人分> ・チンゲン菜1束(約200g) ・油揚げ1枚 ・ごま油大さじ1 ★水100cc ★酒・みりん・醤油各大さじ1 ★だしの素小さじ1/2 <作り方・調理時間10分> ①油揚げはザルに置き、熱湯を裏表にかけて油抜きをして、粗熱が取れたら半分に切り重ねて半分に切り細切りにする。 ②チンゲン菜は洗って根元を切り茎と葉に切り分け、 茎は食べやすい長さの細切り、葉はザク切りにする。 ③★を混ぜ合わせる。 ④フライパンにごま油をひき中火で熱し、 チンゲン菜の茎の部分と油揚げを入れ2分程炒め、 葉の部分も加えしんなりするまで炒める。 ⑤ ④に★を加え蓋をして弱火で3分煮て蓋を取り、強火で1分加熱する。 <保存方法・保存期間> ・保存容器に入れ冷蔵保存で3日 <コツ・ポイント> ・茎の部分は中に土がついている事があるので、 縦半分に切ってさらに半分に切った後、流水で良く洗って下さいね。 ・①の油抜きは省いても構いませんが、気になる方はやって下さいね。