63℃ 疲労回復◎スタミナ満点おかず トンテキ

みんな大好き!ご飯とお酒が進む! お弁当にもおすすめな濃厚ソースの絶品メニュー! 《材料》 ☆4人分☆ ・豚肩ロース肉(とんかつ用、厚さ1cm)  150g×4枚 ・塩こしょう  少々 ・薄力粉  少々 ・オリーブオイル  大さじ1 <ソース> ・ラカントS(砂糖)  小さじ4 ・酒  大さじ2 ・はちみつ  大さじ2 ・酢  大さじ2 ・しょうゆ  大さじ3 ・おろしにんにく  小さじ1/2 ・おろし生姜  小さじ1/2
■このレシピに使った製品 低温調理器 BONIQ ※詳しくはプロフィール欄をご覧ください。 ※BONIQ 公式製品サイト:https://boniq.store/ (「ボニーク」で検索もOK) 《手順》 1 豚肉の下ごしらえ(1) 包丁の背で豚肩ロースを軽く叩き筋切りをする。脂身の部分にも何ヵ所か切り込みを入れ、身が縮むのを防ぐ。 2 豚肉の下ごしらえ(2) 両面に塩こしょうをし、薄力粉を全体に薄くまぶす。 3 BONIQをセット 食材全体がきちんと湯せんに浸かるよう、十分な水量を用意する。 63℃ 0:50(50分)に設定する。 4 焼き色をつける フライパンを強火で熱しオリーブオイルを入れ、豚肉の表面両面に焼き色をつけたらすぐに取り出し、あら熱を取る。 このフライパンは後で使用するためそのまま置いておく。 5 フリーザーバッグに投入 豚肩ロース同士が重ならないようにフリーザーバッグに入れる。 6 BONIQに投入 BONIQが設定温度に達したらフリーザーバッグを湯せんに入れながら、バッグ内に気泡が残らないようにしっかり空気を抜いて密封し、低温調理をする。 この時、バッグを完全に沈めて食材全体が湯せんに浸かるようにする。 (気泡が残っていたり食材全体が完全に浸かっていないと、熱が適切に伝わらず、加熱ムラが生じる。) ※フリーザーバッグの密封方法:https://youtu.be/N-t1ox7mox0 7 ソースを作る ④と同じフライパンにソースの材料をすべて入れ、とろみがつくまで煮詰める。 8 仕上げ BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったらフリーザーバッグから豚肩ロースを取り出し、皿に盛り付ける。 ソースをかけて出来上がり。 《作る際のポイント》 今回使用した豚ロース肉は厚みが約1cmのものです。もっと厚みがある場合は、温度はそのままで設定時間は「低温調理 加熱時間基準表」を参照ください。 ※低温調理 加熱時間基準表 https://boniq.jp/pdf/ttguide.pdf 《BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス》 エネルギーに対して、タンパク質24%と高め、脂質59%と高く、糖質13%と低めのバランスです。 豚肩ロースは、100g当たりタンパク質17.1g、脂質19.2gとタンパク質と脂質のどちらも多い食材です。 一人分の豚肩ロース肉(とんかつ用)1枚は150gとして計算しています。 ビタミンではビタミンB1、ナイアシン、ビタミンB12、パントテン酸などのビタミンB群、ミネラルでは亜鉛が豊富で、どれも今回のレシピ一人分で一食に摂取したい量を満たしています。 ビタミンB1は豚肉に多く含まれるビタミンの代表で、糖質の代謝を促します。不足すると糖質が分解されず疲労物質が溜まるため、疲労回復のビタミンと呼ばれています。 ナイアシンは、脂質や糖質の代謝を促したり、血行を良くする働きがあります。パントテン酸も糖質や脂質、タンパク質の代謝に関わり、サポートします。 ビタミンB12は造血を助ける働きがあります。亜鉛は細胞の生まれ変わりに必要な成分です。 ソースに使用しているにんにくと生姜の消化促進や食欲増進効果も加わり、夏バテや運動をされている方にもおすすめのレシピです。 また、にんにくに含まれる成分は、豚肉のビタミンB1の吸収を高めるため相性が良い組み合わせです。 豚肩ロースを焼いたフライパンをそのままソース作りに利用することで、豚肉の栄養が無駄なく摂取できるのも良いですね。 《注意》 低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。 レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。 なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。 取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細は下記URLから参照下さいませ。 【低温調理のルール〜6つのポイント〜】 https://boniq.jp/recipe/?p=19886 (「低温調理 ルール」で検索もOK) また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。 特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。 【食中毒に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防】 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/index.html