Twitterでトレンド入りした伝説のお菓子ヨーグルトポムポム

■紹介文 Twitterのトレンドキーワードというのは結構予想外のキーワードがトレンドになる事も多く、普段気にもしていなかったことがトレンドキーワードであがってくると、つい見てしまいますよねぇ😆 今日見かけたトレンドキーワードに「伝説のデザート『ヨーグルトポムポム』」というのがあって、ヨーグルトポムポムというキーワード自体見たことがなかったのに、さらにそれに「伝説のデザート」なんていう冠までついていると、やっぱり気になりますよね🤣 四十年近く昔に出版された、家庭で簡単にできるお菓子レシピ本に掲載されていた、簡単にできるりんごのケーキ?を作ってみた、という感じの記事で、確かにシンプルな材料で作れるのに、とても美味しいらしい🤔 黒わんこカフェでパンやらお菓子やらに挑戦してはレシピを載せている僕としては、簡単にできるのであればチャレンジしてみない、という選択肢はないので、早速チャレンジしてみました😁 マドモアゼルいくこさんの元レシピも公開されていますが、元レシピは22cmのパイ皿の分量になっていて、僕の家にある18cmのタルト型ではどーかんがえてもあふれるし、切ったリンゴをいれるにしても高さもいるような気がしたので、今回は18cmのデコレーション型を使って、分量をこの型に合う分量に調整しました😊 今回は手持ちの底抜けが取れるデコレーション型をつかったので、念のため漏れ防止にアルミホイルを敷いてから底板を置き、後はオイルスプレーふって薄力粉をかけて、流し込む型としました。 リンゴの切り方や入れ方は色んな方法がありますが、今回はマドモアゼルいくこさん本人が作った写真を参考にして作りました。 確かに作り方は簡単なので、ケーキ初心者の僕でも簡単に作ることが出来ましたよっ🤩 ■材料(18cmケーキ型) ーパン生地 溶き卵80g 砂糖65g サラダ油73ml ヨーグルト170g 薄力粉80g ベーキングパウダー3.3g ーその他 りんご1個 レモン汁少々
■作り方 【1】今回はりんごを1個薄切りにするので、りんごを準備しましょう。少し大きめのりんごの方がしっかりと敷き詰めることが出来ると思います😉レモン水はスライスしたりんごが変色しないように少しかけるぐらいで、無いときはなくても大丈夫です。 【2】りんごは皮を切って1/4カット→薄切りという切り方にすれば大体同じ厚さの薄切りになります。もしりんごの丸い表面の形を生かしたいときは、皮を切らずに半分に切って、真ん中の種の部分を取ったものをスライスすると、楕円形の綺麗なスライスりんごになると思います😊 【3】スライスする幅は適当ですが、18cmのデコレーション型にまっすぐ立てた状態で並べるとりんご1個では足りなくなるので、横に寝かせて面で敷き詰める形にしています。面で敷き詰めるためにはスライスしたりんごの枚数が必要なので、ちょっと薄切り気味の厚さで切っています☝ 【4】りんごを準備したところで、その他の材料を揃えました。僕が作ってきたお菓子はバターが当たり前のように使われていますが、このレシピはサラダ油ってのがすごく新鮮でしたねぇ😆 【5】最初に溶き卵と砂糖を混ぜ、そこにサラダ油を流し込んでしっかりと混ぜ合わせましょう。卵とアブラナので若干混ざりにくい感じはしましたけど、気にせずホイッパーで混ぜていればそのうちなじみます😉 【6】卵と油がまざったところで、ヨーグルトを混ぜていきましょう。ヨーグルトが混ざってくると、とろりとした感じの白色の液体にかわります。 【7】最後に薄力粉とベーキングパウダーを振るいながら入れて、粉が飛び散るのを気をつけながら混ぜていけば、かなりねっとりとしたケーキ生地が出来上がります😊 【8】ホイッパーでぐりぐり混ぜていったのでちょっと気泡が入りますが、素材的にゴムへらで混ぜても十分混ざる気がします。何せ最初にサラダ油を思いっきり入れているので、基本的にサラサラした液体状でケーキ生地が仕上がっていきますしね🙂 【9】18cmのデコレーション型にオイルスプレーを吹きかけてから、型抜きしやすいように強力粉や薄力粉を軽く表面に振るっておきましょう。型に張り付くと、中にりんごが入っている分、型抜きするときにちぎれたら多分ボロボロになっていくと思うので😱 【10】デコレーション型の準備が出来たら、ケーキ生地の半分をデコレーション型に流し込んでいきます。半分だとそこまで高さは出ませんが、中にりんごが敷き詰められるので、その分だけ流し込んだケーキ生地もすこし高くなります。 【11】りんごを敷き詰めていきます。今回はりんご1個薄切りにし、面で敷き詰める形にします。この並べ方はアップルタルトとかでもよく見かけますよね😊りんごはケーキ生地の中に沈むので、まあこんなところで見栄はって綺麗に並べる必要は無いんですが、黒わんこカフェの記事は人に読んでもらうための記事なので、意味も無く綺麗に並べようとしています🤣 【12】りんごを敷き詰め終わったら、残りのケーキ生地をりんごの上からかければ、ケーキ生地の流し込みは完了です。今回はスライスしたりんごを寝かせているのであまりケーキ生地の表面にりんごは見えていませんが、りんごを1.5~2個にして、りんごが立つぐらいの厚さで切ったものを立てて並べていけば、りんごの表面がケーキ生地の上にでて、焼き上がったときにりんごがみえて良いかも知れません😉 【13】デコレーション型にケーキ生地を流し終わったら、200℃30分で焼き上げます。焼き時間と温度はお使いのオーブンレンジによって調整した方が良いみたいです。この温度と時間はヘルシオでの設定になります。 【14】焼いている途中で結構膨らむので、焼き終わってからしばらく庫内において徐々に冷やして、表面が割れないようにした方がよいと思います😉 【15】ヨーグルトポムポムの完成😋ヨーグルトとサラダ油が主材料になっているせいか、若干焼き上がった後もケーキ部分が柔らかい気がしますねぇ🤔今回は写真撮影&トレンドの日に投稿したいという事もあって、すぐに切りましたけど、冷蔵庫で二日ぐらいおいてケーキ生地を引き締めた方が美味しいと参考記事に書いてあるので、切るときは十分冷蔵庫で冷やしてから切るようにしましょう🤣 【16】カットすれば、スライスしたりんごがチラッと見えているがわかります🤩冷やして切れば多分チーズケーキみたいな、ギュッと引き締まった感じで切れると思います😉 ■POINT りんごをもう少し小さく切れば、18cmのタルト型の底に沈めて焼く事も出来ると思いますが、ケーキ種は結構な分量出来るのであふれないように注意してくださいね😉 ---- 詳しいレシピは「黒わんこカフェ」で検索(^^) ----