広島風お好み焼き

広島郷土料理☆生地に「ほんだし®」を加えるのがポイントです☆みんなで作って食べようお好み焼き♪ ■調理時間 25分 ■栄養情報(1人分)※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く ・エネルギー 806kcal ・たんぱく質 31.9g ・塩分 4.2g ・野菜摂取量 203g ■材料(4人分) ・湯 大さじ2 ・「ほんだし」 小さじ山盛り1 [A]水 3/4カップ [A]溶き卵 1個分 [A]薄力粉 2/3カップ [A]「瀬戸のほんじお」 小さじ1/4 ・キャベツ 1/2個 ・豚バラ薄切り肉 12枚 ・削り節 8g ・もやし 1袋(200g) ・揚げ玉 40g ・焼きそば用めん 4玉 ・お好み焼きソース 大さじ4 ・卵 4個 ・お好み焼きソース 大さじ8 ・青ねぎ・小口切り 80g ・青のり 小さじ4 ・紅しょうが 20g ・「AJINOMOTO さらさらキャノーラ油」 大さじ1・1/2
■つくり方 (1)ボウルに湯、「ほんだし」を入れて溶かし、Aを順に加えてよく混ぜ合わせる。 (2)キャベツは3mm幅のせん切りにし、豚肉は半分に切る。 (3)ホットプレートに薄く油をひき、高温(200℃)に温める。(1)を1/4量弱流し入れ、直径20cmぐらいに丸く広げる。 (4)表面が乾いてきたら削り節、キャベツ、もやし、揚げ玉の1/4量をのせる。さらに、豚肉3枚を広げてのせ、(1)を少量かける。 (5)生地に焼き色がついたら裏返し、フタをして蒸し焼きにする。 (6)ホットプレートの別の場所で中華めん1袋を炒め、お好み焼きソース大さじ1をからめておく。 (7)(5)に火が通ったら木ベラで軽く押さえ、(6)の上にのせて、丸く形を整える。 (8)ホットプレートの別の場所に卵1個を割り、黄身をつぶして丸く広げる。半熟になったら、  (7)をのせて裏返し、お好み焼きソース大さじ2を塗り、青のりをふりかけ、青ねぎ、紅しょうがをのせる。 (9)残りの3枚も同様に焼く。 *広島県の郷土料理 *(5)で生地を裏返した後、すぐにヘラで押さえず、野菜を蒸し焼きにするのがコツ。