島根県の「はしまき」

31 島根県の「はしまき」 イメージとしては薄いお好み焼きを箸に巻きつけて作る屋台料理!鉄板で焼き上げて、ソースや青のり、マヨネーズをかけて熱々を食べるのが美味しい🧡 具材はお好みのものを入れて楽しめます😋 半熟目玉焼きを上にのせていただきました♪ ————————————————————— 【材料】※2人分 キャベツ     2〜3枚 万能ネギ     大さじ5 薄力粉      100g 揚げ玉      大さじ3 刻み紅生姜    大さじ1 顆粒和風だし   小さじ2 卵        1個 水        150ml サラダ油     小さじ2 ▼[トッピング] とろけるチーズ  適量 お好みソース   適量 マヨネーズ    適量 青のり      適量 かつお節     適量 卵(目玉焼き) ※準備するもの 割り箸      2本 【作り方】 ▼下準備 ・キャベツは千切りにする。 ・ネギは小口切りにする。 ① ボウルにキャベツ、ネギ、薄力粉、揚げ玉、刻み紅生姜、顆粒和風だし、卵、水を加えて、よく混ぜ合わせる。 ② ホットプレート(または卵焼き器)にサラダ油をひき充分温まったら、生地の半量を流し入れて広げて、3〜4分焼く。 ③ 表面が固まってきたら、裏返してさらに1〜2分焼く。(裏返す前にチーズをのせて馴染ませて焼くのも、美味しいのでアリです😉) ④ 取り出して、生地を横にして、端の方を割り箸で狭み(割り箸は割らない)、くるくると巻く。お好みソース、マヨネーズ、青のり、かつお節をトッピング!また、空いたホットプレートで目玉焼きを焼いて乗せても美味しい🍳 ———————————————————— ★ひとこと 最後にくるくると巻くので、なるべく生地は薄めに作った方がお箸にも挟みやすいし、巻きやすくておススメです! 生地に混ぜる材料ほお好みのものを入れてOKです😉 「はしまき」は、大阪よりも西の中国・九州地方のお祭りの屋台グルメで、食べ歩きするにはもってこいの形状です! 島根以外でも屋台の定番として食べられているそうです!