食材から探す
料理名から探す
公式レシピ レシピをよむ レシピカード クラシルショート クリエイター
クラシルのサービス
【野菜ひとつ】ごぼうの梅和え

【野菜ひとつ】ごぼうの梅和え

フォロー
保存:1
■保存期間 冷蔵5日/冷凍1か月 ■紹介文 今日は、ごぼうの和え物のレシピをご紹介します。 梅の酸味とごぼうの風味がよく合うノンオイルであっさり、さっぱりとした一品です。 梅肉、和風だしの素、いりごまのシンプルな味付けで手軽に作れます。 こってりとした料理の付け合わせに、お弁当のおかずやお酒のおつまみにもぴったりです。ぜひご活用くださいませ。

材料

(4人分)
  • ごぼう
    300~350g(中2本または大1本目安)
  • 600ml(3カップ)
  • 大さじ3(45ml)
  • 梅肉※
    大さじ1(梅干し大2個分)
  • 顆粒和風だしの素
    小さじ1/2
  • いりごま
    大さじ1

手順

  • 【1】鍋かフライパンに酢水を入れておきます。
  • 火はまだつけません。
  • 【2】ボウルに合わせ調味料の材料を混ぜ合わせておきます。
  • この作業は、手順5でごぼうをゆでている間に行うと効率が良いですが、無理しない程度に対応しましょう。
  • 【3】ごぼうはたわしなどで泥を洗い落とします。皮はむきません。
  • ごぼうは、皮と実の間に旨味、香り、栄養が詰まっていますので、皮はむかずに調理することをおすすめします。スポンジの硬い面、アルミタワシ、アルミホイルを軽く丸めたものなどが、ごぼうの皮をむくことなく、泥を落としやすいです。
  • シンクが狭い場合は、長さを2つ3つに切ってから洗うと良いです。
  • 【3】根元の硬い部分は切り落とし、扱いやすい長さに切ります。
  • 【4】太いものは縦4等分~2等分にして7~8mm幅程度(人差し指の半分の幅目安)、4~5cm長さ(指3本分の幅目安)に切り、切ったそばから手順1の酢水に入れていきます。
  • 切ったらすぐに酢水に入れることで、変色を防ぎます。
  • 【5】切ったごぼうをすべて酢水に入れ、ふたをして強火にかけ、沸騰したら少し火を弱めて強めの中火で5分加熱します。
  • 沸騰後は酢水が吹きこぼれることがありますので、ふたを少しずらすとよいです。
  • 【6】ざるにあげて水気をよく切り熱いうちに手順2の合わせ調味料が入ったボウルに加え、全体をよく混ぜ合わせます。
  • 【7】保存の際は、
  • 充分に消毒した保存容器に入れて冷蔵庫で保存しましょう。
  • 出来たてでもおいしいですが、10分ほど置くか、粗熱を取ってから冷蔵庫で2時間ほど冷やしても、より味がなじみ、さらにおいしくいただけます。

投稿者からのコメント

■作り置きのコツ・ポイント ごぼうは皮と実の間に旨味、香り、栄養が詰まっていますので、皮はむかずに調理することをおすすめします。スポンジの硬い面やアルミタワシ、アルミホイルを軽く丸めたものなどが、ごぼうの皮をむくことなく、泥を落としやすいです。 シンクが狭い場合はごぼうの長さを2つ3つに切ってから洗うと良いです。 保存の際は、充分に消毒した容器に入れて冷蔵庫で保存しましょう。 出来たてでもおいしいですが、10分ほど置くか粗熱を取ってから冷蔵庫で2時間ほど冷やしても、より味がなじみさらにおいしくいただけます。 ■アレンジのヒント 一緒に加えておいしい香辛料・香味野菜:大葉/かつお節/ちりめんじゃこ ささがきにして作っても。 マヨネーズを添えても。
※みやすさのために書式を一部改変しています。

その他のレシピカード

おすすめのレシピ動画