れんこんと里芋の煮ころがし レシピ・作り方

材料(4人分) 里芋(皮をむく) 7個 塩 小さじ1/2 れんこん(皮をむいて1センチ幅に切る) 270g 酢 小さじ2 【だし汁】 水 3カップ ほんだし 小さじ1/2 粉末昆布だし 小さじ1 【味付け】 三温糖 大さじ1 酒 大さじ1 しょうゆ 大さじ1と1/2 にんにく(半分に切り中心の芽を取る) 1片 皮つき生姜(4枚にスライス) 1片 【仕上げ】 みりん 大さじ1 【トッピング】 小ねぎ(小口切り) 小さじ1 ゆずの皮(千切り) 小さじ1
作り方 [1] れんこんを切ってボウルに移し、ひたひたになる程度の水を加え 酢と一緒に2分ほどひたしたらザルにとります。 [2] 里芋は皮をむいたら塩でもみ、水で洗ってぬめりを取ります。 [3] れんこんと里芋、だし汁を鍋に入れて火にかけます。 [4] 沸騰したら弱火にして、三温糖と酒を加えて落としぶたをして10分煮込みます。 [5] しょうゆ、にんにく、生姜を加えて 更に5分煮込みます。 [6] 落としぶたを取り、中火で汁気を飛ばしながら煮ていきます。 [7] シュワシュワと汁がふくらむので、そこで一気に具に色が付き始めます。 [8] 汁が半量になったら火を止めて、仕上げにみりんを回しかけて出来上がりです。 [9] 小ねぎとゆずの皮を散らして召し上がってください。 きっかけ 旬の野菜をたくさん食べようということで 昔ながらの煮ころがしを作りました。 おいしくなるコツ はじめは砂糖と酒で、れんこんと里芋を煮始めます。