トルコのパスタ入りスープ

子供も大好き😋🇹🇷トルコのパスタ入りスープ《シェヒリエ チョルバス》 トルコの家庭では、小さなパスタ ‘シェヒリエ‘入りのスープはかなり一般的で、子供たちにも人気🐧🐦🐤 日本のスーパーでも売っているお米のようなパスタリゾーニや、トルコのどの家庭にもある極細で短いパスタなどが使われます。 これらのパスタは、スープ以外にもお米と一緒に炊いて食べたりもします。🍽 スープを作るとなると、日本の家庭ではやたら化学調味料を入れがちですが、トルコの家庭料理では基本的に化学調味料は使いません🙅🏻 トルコのスーパーでもチキン、ビーフ、野菜のコンソメが売られていますが、多分「ウチにはないわ🧕🏻」という家庭がほとんど。 実は私もトルコ人の夫と結婚して義実家で暮らし始めた当初、スープを作る際に、義実家のキッチンにコンソメがなくて近くのスーパーに買いに走ったことがありました🏃🏻‍♀️💨 キッチンでコンソメを探しながら、トルコ人は一体何で味付けしてるのかと不思議に思ったものです🙄 その後、義母や周りのトルコ人の女性たちからトルコ料理を学ぶうちに、いつしかコンソメは買わなくなりました。 じゃあ、トルコでは何で味付けするのか🤔 スパイスも使いますが、スパイスはあくまで脇役で、基本は塩のみです🧂✨ 塩だけでも、肉や野菜の旨味で驚くほどしっかり美味しく仕上がります。 コンソメを買いに走っていた頃は、義母や周りの女性たちが作ったトルコの家庭料理を食べる度に、なんで塩だけでこんなに美味しく仕上がるのだろうかと、食べながら感動したのを覚えています🌺🌸🌼 今回のスープも化学調味料なしです。 それでは作り方いってみましょー👩🏻‍🍳 《材料》 鶏もも肉 300〜400gくらい(むね肉や手羽元でもOKです。ダシを取るため骨付きの方がおすすめ) 完熟トマト 3個 (日本のトマト缶でも代用できると思います🥫) リゾーニ (お米のような形をしたパスタ) 1/2カップ。お好みの量で。 バター 大2 塩胡椒 トマトペースト 大1 乾燥ミント 小1〜2 (お好みの量で) ※トマトペーストと乾燥ミントはなくても大丈夫 《作り方》 鶏肉と水(1.5L〜2Lくらい)を入れた鍋を火にかけてアクを取ってしばらく煮ます。 今回は1時間弱くらいグツグツさせました。 煮たら火を止め、鶏肉だけを取り出して、細かくほぐしておきます。骨や皮などは取り除いてください。 別の鍋にバターを溶かします。 バターが溶けたらトマトペーストを入れて混ぜます。 皮を剥いて潰した完熟トマトを入れて炒めます。(トマトペーストがない場合はバターを溶かしたらトマトまたはトマト缶を入れてください。) トマトがグツグツとなってきたら、先ほど鶏肉を煮た煮汁を注いで入れます。 (気になる方は濾して入れてください。煮汁の量が少なく感じる場合はお湯か水を足してください。) 沸騰したら、リゾーニ(茹でてない状態のもの)とほぐしたチキンを入れ、塩胡椒と乾燥ミントを入れてしばらく煮ます。 リゾーニが柔らかくなったら完成です🙌🏻🙌🏻 召し上がる際に、お好みでレモンを絞ったり、粉唐辛子を振りかけても美味しいです🍋🌶 今回は鶏肉で作りましたが、ひき肉でも美味しいです。 鶏肉が簡単にほぐれるくらい柔らかいので、小さなお子様にもおすすめ🥄 材料がありましたら、ぜひお試しください🤗