63℃ 疲労回復に◎はちみつマリネチキン

一口で、気分はタイ♪ はちみつの甘さとナンプラーのしょっぱさにやみつき! 《材料》 ☆4人分☆ ・鶏もも肉  2枚(650g) ・パクチー  お好みで適量 <マリネ液> ・おろしにんにく  小さじ1 ・おろししょうが  小さじ2 ・はちみつ  大さじ2 ・ナンプラー  大さじ2 ・ごま油  小さじ4 ・塩  小さじ1 ・こしょう  少々
■このレシピに使った製品 低温調理器 BONIQ ※詳しくはプロフィール欄をご覧ください。 ※BONIQ 公式製品サイト:https://boniq.store/ (「ボニーク」で検索もOK) 《手順》 1 鶏もも肉の下処理 鶏ももの筋と余分な脂身を取り除き、厚みがある部分は開いて均一(2cm以内)にする。 皮目を数箇所フォークでさし、マリネ液を染み込みやすくする。 2 マリネ液を作る マリネ液の材料をすべて混ぜ合わせる。 3 フリーザーバッグに投入 鶏ももを②でしっかりマリネし、マリネ液ごとフリーザーバッグに入れて冷蔵庫で1日寝かせる。 4 BONIQをセット 食材全体がきちんと湯せんに浸かるよう、十分な水量を用意する。 63℃ 1:00(1時間)に設定する。 5 BONIQに投入 BONIQが設定温度に達したらフリーザーバッグを湯せんに入れながら、バッグ内に気泡が残らないようにしっかり空気を抜いて密封し、低温調理をする。 この時、バッグを完全に沈めて食材全体が湯せんに浸かるようにする。 (気泡が残っていたり食材全体が完全に浸かっていないと、熱が適切に伝わらず、加熱ムラが生じる。) ※フリーザーバッグの密封方法:https://youtu.be/N-t1ox7mox0 6 焼き色をつける BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったらフリーザーバッグを取り出し、フライパンかバーナーで鶏ももの皮目に焼き色をつける。 7 仕上げ 鶏ももをスライスして皿に盛り付け、パクチーを添えてできあがり。 《作る際のポイント》 フライパンで皮目を焼くことで香ばしさをプラスし、皮が苦手な方でも食べやすくなると思います。 《BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス》 ナンプラーはタイ料理には無くてはならない調味料です。独特の芳香があり、苦手な人も多い調味料なのですが栄養的には優れている調味料です。 ナンプラーは日本語で「魚醤」というように、魚を発酵させた調味料です。魚と塩を漬け込み、数か月から数年熟成させて作ります。 魚からできていることから魚に多く含まれるタウリンが含まれており、タウリンは疲労回復や滋養強壮・アルコール分解に働く栄養素です。 また、醤油と比べると旨味成分が多く、料理に数滴に入れるだけでコクと深みが増します。 慣れない場合、ナンプラー単品だと魚が発酵した匂いが不快に感じるかもしれませんが、料理の隠し味として使うと不思議と臭さは気にならなくなります。 珍しい調味料を購入すると、特定の料理にしか使えず結局数回しか使わなかった…というケースも想像できますが、ナンプラーはタイ料理の他、醤油を使う料理の隠し味にすることもできます。輸入食材店などでは小さい瓶で販売しているところもあるので、少量サイズから購入してみてはいかがでしょうか。 《注意》 低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。 レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。 なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。 取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細は下記URLから参照下さいませ。 【低温調理のルール〜6つのポイント〜】 https://boniq.jp/recipe/?p=19886 (「低温調理 ルール」で検索もOK) また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。 特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。 【食中毒に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防】 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/index.html