食材から探す
料理名から探す
公式レシピ レシピをよむ レシピカード クラシルショート クリエイター
クラシルのサービス
⁡
⁡
⁡
⁡
⁡
⁡
⁡
⁡
⁡
もう一度最初から見る
1/9

フォロー
いいね:5
保存:1
こんばんは🌛 今日はえみごはん番外編です。 私が愛してやまない【塩麹・醤油麹】に続き、新たに【たまねぎ麹】の作り方をまとめてみました。

材料

  • ▹たまねぎ麹
  • 100g
  • 玉ねぎ
    300g
  • 35g

手順

  • ①麹をポロポロになるまでほぐし、玉ねぎは皮をむいてすりおろす。麹、おろした玉ねぎ、塩をよく混ぜ合わせる。
  • ②満遍なく混ぜたら、清潔な蓋付きの保存容器に移し、蓋を少しずらして隙間を開けた状態で、直射日光の当たらない場所に置いて、常温で発酵させる。
  • ③1日1回空気を含ませるようにかき混ぜる。
  • ④夏場…1週間 冬場…10日〜2週間。
  • ▹▹目安として、お粥のようにトロリとして、麹が指で潰せるようになってくるまで。玉ねぎの香りもカドがとれてまろやかな感じになります。また、玉ねぎの酵素により、ほんのりピンク色に変化します。
  • ▹▹完成した玉ねぎ麹は、雑菌が入らないように蓋をしっかり閉めて、冷蔵庫にて保存します。

投稿者からのコメント

𓅿常温発酵中は、最初はポロポロ、パサパサ感が残る状態から、日毎にしっとりと柔らかくなってきます。 𓅿私はいつも板状の麹を使っていますが、はじめからポロポロした乾燥麹を使う場合は、あらかじめ50mlのぬるま湯で軽く戻してから使用してください。 𓅿出来上がり後、ブレンダーやミキサーでペースト状にすると、使い勝手も良く調理の幅も広がります。粒々のままでも、もちろん美味しいです。 【麹の嬉しい効果】・旨味や香りがアップし、料理に深みがでる。・肉や魚の臭みが消え、しっとり柔らかくなる。・食品の保存性が高まる。・腸内環境の改善が期待できる。・免疫力アップ、美肌効果にも♩ ▹▹私流オススメの使い方・鶏むね肉などのパサつきがちな肉や魚の 下ごしらえに・刻んだ野菜を漬けて和え物に・塩味、コンソメベースのスープに・酢、油とともにドレッシングに・その他、食材の色を活かしたい麹料理に・塩麹、醤油麹よりも洋風のお料理との相性◎ 私の偏愛レシピのもとである、それぞれの麹。たまねぎ麹も、作り方は至ってシンプルです。 ・手作りの麹調味料に興味のある方・麹を取り入れたお料理に挑戦されたい方・いつものお料理をワンランクアップさせたい方・塩麹、醤油麹はもうマスターしたので新たなる世界に行きたい方(笑)…たまねぎ麹もオススメですよ✨ 日頃から、作り方や使い方についてご質問いただく塩麹と醤油麹。私のお料理でも欠かせないものでもあります。今回はそれらにプラスして、たまねぎ麹の作り方もまとめてみました。 愛すべき麹ファミリー。 麹に限らず、発酵食品の奥深さに触れると、昔の人の知恵ってすごいなぁと改めて感じます。そして、それらが今なお色々な形で受け継がれて、その恩恵を享受できることも、幸せなことだなぁとも思います。 塩麹・醤油麹とともに、この美味しさをたくさんの方と共有できたら嬉しいです。 おうちごはんの投稿ではないにも関わらず、最後までお読みいただき、ありがとうございました😌
#簡単レシピ #おうちごはん #夫婦ごはん #料理好きな人と繋がりたい #おうち時間 #健康ごはん #今日のごはん #おうちごはんlover #フーディーテーブル #丁寧な暮らし #スワイプレシピ #塩麹 #共働きごはん #yummy #nadia #nadiaartist #foodstagram #醤油麹 #栄養士のレシピ #家族ごはん #玉ねぎ麹 #instafood #栄養士ごはん #iegohanphoto #玉ねぎ麹の作り方
※みやすさのために書式を一部改変しています。

その他のレシピカード

おすすめのレシピ動画