鹹豆漿

♪ 鹹豆漿🇹🇼 アジアの屋台料理企画1日目は 台湾の『鹹豆漿(シェントウジャン)』です♪ 朝ごはんとして食べられている豆乳を使った 優しい料理です😌✨ 刻んだザーサイや桜エビに温かい豆乳を注ぎ、お酢やお醤油を少し加えて味付け。フランスパンを浸しながら食べるのが美味しい☺️ラー油のピリ辛が食欲をそそります! フランスパン🥖にごま油を塗って焼くつもりでしたが、 ガーリックトーストで試してみたらこれが美味しい🥺! おすすめの食べ方です♡ —————————————————————- 【材料】※1人分 無調整豆乳     300ml (1.5パック分) 黒酢        小さじ2 醤油        小さじ1 桜エビ       小さじ2 味付けザーサイ   10g (桃屋)     青ねぎ       適量 パクチー      適量 ラー油       適量 ガーリックトースト 2切れ (※フランスパンをごま油で焼いてもOK)    【作り方】 ▼下準備 ・ザーサイは粗みじん切りにする。 ・ガーリックトーストはお好みの幅にスライスして、  トースターでカリっと焼く。  (フランスパンの場合、ごま油を熱したフライパンでこん  がりと焼く。) ・青ねぎは小口切りにする。 ① 器に桜エビ、ザーサイ、黒酢小2、醤油小1を入れる。 ② 小鍋に豆乳を入れて温める。沸騰直前で火を止めて  ①の器に注ぐ。 ③ トーストを浮かべ、青ねぎ、パクチーをのせて、  ラー油を垂らしたら、できあがり♪ ————————————————————- ★ひとこと ザーサイは桃屋の味付けザーサイを使用♪ 黒酢の代わりに普通のお酢でもOKです! 桜エビの代わりに干しエビでもOKです! 台湾では油條という細長くて軽い食感の揚げパンと共に食べるそうですが、日本では手に入りにくいのでフランスパンで代用しました。 豆乳のまろやかさと黒酢、ザーサイのコクのある酸味が とても合います。 さらっとすぐに食べ切れてしまうほど軽く、 豆乳がしみたトーストがとても美味しく、 身体もあたたまり、朝ごはんにはもってこい♪ 現地の人に愛されているのも納得の一品😌 簡単に作れるところも良いです!