食材から探す
料理名から探す
公式レシピ レシピをよむ レシピカード クラシルショート クリエイター
クラシルのサービス
ねぎ塩鶏つくね

ねぎ塩鶏つくね

フォロー
いいね:1
保存:1
■保存期間 冷蔵5日/冷凍1か月 ■紹介文 今日は、塩味の鶏つくねのレシピをご紹介します。 たっぷりの長ねぎと豆腐、しょうが、いりごまが入った、ヘルシーな鶏つくねです。 材料を混ぜて焼くだけ、粗挽き黒こしょうのパンチが効いたご飯やお酒が進む一品です。 味付けに鶏ガラスープやごま油を使っていませんので、鍋料理の具材としても味が崩れず使いやすいです。 冷めてもおいしいですので、お弁当のおかずにもぴったりです。ぜひ、お試しくださいませ。

材料

(4人分(16個分))
  • 鶏ひき肉(※1)
    300g
  • 長ねぎ
    1本(150~200g目安)
  • 小さじ1
  • サラダ油
    大さじ1(15ml)
  • 豆腐(※2)
    150g(1/2丁)
  • パン粉
    カップ1/2(100mlのラインまで/20g)
  • いりごま
    大さじ2
  • みりん
    大さじ1(15ml)
  • しょうがすりおろし
    大さじ1(3~4cm角1片分)
  • 粗挽き黒こしょう
    小さじ1

手順

  • 【1】長ねぎはみじん切りにします。扱いやすい長さに切ってから縦に細く切り、90度向きを変えて、端から細かく切っていくとよいです。フードプロセッサーを使っても構いません。
  • 【2】手水(手につける水)、タネの材料を用意しておきます。タネを丸める際、手水を付けながら丸めますので、手指が浸かる程度の量の水を、ボウルなどにあらかじめ用意しておくとよいです。冬場や、解凍ひき肉を使う場合は、お湯を用意しておくことをおすすめします。タネをこねる際、冷たく辛くなったら手をお湯に浸けるとよいです。タネの材料は、あらかじめ分量を量り、準備しておくと、手際良く進めます。今回はしょうがは生のしょうがですが、チューブを使っても構いません。
  • 【3】タネを作ります。鶏ひき肉と塩をボウルに入れ、もったりとするまで1分程度よくこねます。
  • 【4】長ねぎとタネの材料を加えて、ひとまとまりになる程度に1分ほどこねます。
  • 【5】手水を付けながら丸め、4人分は16等分、8人分は32等分にし、形を整えます。手水を付けながら丸めると、タネが手指にくっつきにくく、離れやすくなります。
  • 【6】サラダ油を薄くひいたフライパンに並べ中火にかけます。表面が白っぽく乾いたような状態になるまで、6~7分ほど焼きます。8人分を作る場合は、フライパン2台で焼くか、2回に分けて焼きましょう。
  • 【7】表面が白っぽく乾き、フライパンに面している側に焼き色が付いたら、ひっくり返し弱火にして5~6分ほど焼きます。くっついている場合は、この時点でヘラを使って切るとよいです。ひっくり返す際は、フライパンに面している部分にヘラを入れてからひっくり返しましょう。箸やトングだけですと割れやすいです。
  • 【8】保存の際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。

投稿者からのコメント

■作り置きのコツ・ポイント タネを丸める際、手水を付けながら丸めますので、手指が浸かる程度の量の水をボウルなどにあらかじめ用意しておくとよいです。 冬場や解凍ひき肉を使う場合は手がとても冷たくなりますので、お湯を用意しておくことをおすすめします。 タネの材料はあらかじめ分量を量り、準備しておくと手際良く進めます。 タネを丸める際、手水を付けながら丸めるとタネが手指にくっつきにくく、離れやすくなります。 タネをひっくり返す際は、フライパンに面している部分にヘラを入れてからひっくり返しましょう。箸やトングだけですと割れやすいです。 保存の際は粗熱を取ってから、充分に消毒した容器に入れて冷蔵庫で保存しましょう。 ■アレンジのヒント いただく際、添えておいしい具材・調味料:大葉/半分に切った生ピーマン/マヨネーズ/一味唐辛子 タネに加えても:にんにくすりおろし タネは鍋の具材としても。焼かずに加えます。 お弁当に詰める際は、粗熱を取ってから詰めましょう。
※みやすさのために書式を一部改変しています。

その他のレシピカード

おすすめのレシピ動画