【野菜ひとつ】うどのきんぴら

■保存期間 冷蔵5日/冷凍1か月 ■紹介文 今日は、うどのきんぴらのレシピをご紹介します。 うどの香りと歯ざわりに甘じょっぱい味付けが絡む、ご飯に良く合う一品です。 うどは皮ごとすべて使いますので、作りやすく、さっと一品用意できます。 そのままはもちろん、にんじんやこんにゃくなど、お好みの具材を加えてもおいしくいただけます。 冷めてもおいしいですので、もうあと一品の副菜にはもちろん、おつまみやお弁当のおかずにもどうぞ。 ■材料(3~4人分) うど 1本(200g目安×1) ごま油 小さじ2(10ml) ■合わせ調味料 しょうゆ 小さじ4(20ml) 砂糖 小さじ2 みりん 小さじ1(5ml) (お好みで)輪切り唐辛子 小さじ1(赤唐辛子1本分)
■作り方 【1】合わせ調味料の材料を混ぜ合わせておきます。 この作業は、手順4でうどを炒めている間に行うと効率が良いですが、無理しない程度に対応しましょう。 【2】うどは根元の茶色いはかまの部分を取り除き、表面の産毛を包丁のみね(刃の反対側)で軽くこそげ取り、細い茎を切り分けてよく洗います。 【3】太い茎は皮ごと7mm厚さ(人差し指の1/2幅目安)×4~5cm長さ(指3本分の幅目安)の斜め切りにし、7mm幅の細切りにします。細い茎は4~5cm長さに切ります。 うどは切ったらすぐに水につけてアクを抜くと良いですが、切ってすぐに使うときは水にさらさなくても構いません。 【4】フライパンにうどとごま油を入れ、うど全体にごま油がまんべんなく絡むよう、よく混ぜ合わせてから、ふたをして中火にかけます。 【5】3~4分ほど経ち蒸気が充分に出たら、全体をざっとかき混ぜて、手順1の合わせ調味料を加えて全体に絡め、1分ほど煮ます。 煮汁が少し残り、フライパンの底がヘラでかける程度が目安です。 【6】保存の際は、 粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて保存しましょう。 ■作り置きのコツ・ポイント うどは切ったらすぐに水につけてアクを抜くと良いですが、切ってすぐに使うときは水にさらさなくても構いません。 保存の際は充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。 ■アレンジのヒント 一緒に加えておいしい具材(手順4で加えます/具材はすべて細切りにします):にんじん/こんにゃく/ピーマン/お好みのきのこ類/豚こま切れ肉/豚バラ薄切り肉/ベーコン いただく際に添えておいしい具材・調味料:いりごま/青ねぎ小口切り/かつお節/マヨネーズ/ラー油/粉チーズ/一味・七味唐辛子 作り置きして冷蔵庫で冷えた状態のものを、マヨネーズで和えると、サラダ感覚でいただけます。 お弁当に詰める際は、水気をよく切ってからにしましょう。 https://mayukitchen.com/udo-kinpira/