58℃ 高タンパク・低脂質◎牛もも肉のステーキ

安価なお肉もBONIQにかかればこの通り! 厚切りなのに、ナイフがスッと入り込むやわらかさ。 《材料》 ☆2人分☆ ・牛もも肉 ブロック/塊肉(厚さ3cm)  380g ・塩  適量 ・こしょう  適量 <ステーキソース> ・ケチャップ  大さじ1と1/2 ・しょうゆ  小さじ1と1/2 ・ウスターソース  大さじ1と1/2 ・赤ワイン  大さじ1と1/2 <仕上げ> ・黒こしょう  適量
■このレシピに使った製品 低温調理器 BONIQ ※詳しくはプロフィール欄をご覧ください。 ※BONIQ 公式製品サイト:https://boniq.store/ (「ボニーク」で検索もOK) 《手順》 1 BONIQをセット 高温・長時間調理による水の蒸発で水位が下がり、BONIQの稼働停止や食材の加熱ムラの発生を防ぐため、下限水位から大きく余裕を持たせた水量をセットする。 58℃ 2:40(2時間40分)にセットする。 2 下味をつける 牛ももの両面に塩、こしょうをふる。 3 フリーザーバッグに投入 牛ももをフリーザーバッグに入れる。 4 BONIQに投入 BONIQが設定温度に達したらフリーザーバッグを湯せんに入れながら、バッグ内に気泡が残らないようにしっかり空気を抜いて密封し、低温調理をする。 この時、バッグを完全に沈めて食材全体が湯せんに浸かるようにする。 (気泡が残っていたり食材全体が完全に浸かっていないと、熱が適切に伝わらず、加熱ムラが生じる。) コンテナを使用する場合は保温ルーフで、鍋の場合はラップやアルミ箔で湯せんにカバーをして水位減少を防ぐ。 ※フリーザーバッグの密封方法:https://youtu.be/N-t1ox7mox0 ※BONIQ コンテナ、保温ルーフ、保温ジャケット:https://boniq.store/pages/bulkupcontainer (「ボニーク」で検索もOK) 5 ステーキソースを作る 小鍋にステーキソースの材料をすべて入れ、少しとろみがつくまで煮詰める。 6 焼き色をつける BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったら牛ももを取り出し、ペーパーで水気を押さえる。 強火に熱したフライパンにオリーブオイル(分量外)を入れ、牛ももの表面に焼き色を付ける。 8 仕上げ 牛ももをカットして皿に盛り付ける。 黒こしょうを挽き、ステーキソースを添えて出来上がり。 《作る際のポイント》 BONIQでステーキを調理する時に、お肉を最初に焼くか最後に焼くか迷うことがあると思いますが、ステーキの場合は出来立てをすぐに食べたいので、私は最後に焼き付けます。 フライパンで焼き色を付けることでメイラード反応が起こり、肉の焼ける香りや焼き色で、更に旨味がアップしますよ。 逆にローストビーフなどの場合は冷製で食べることが多いこと、また、肉汁を閉じ込めたいので、最初に焼きつけるようにしています。 《BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス》 ステーキは、お給料日やお祝い事の日・自分が頑張った日などの特別な日に食べるという贅沢なメニューである印象が大きいはず。 それもそのはず、柔らかくて口の中でとろける牛肉を買うのであれば、100g数百円〜数千円かかってしまいます。そしてせっかくの良いお肉も、焼き方を間違えれば美味しさが半減。 また、少し費用を抑えようと思ってランクの低いお肉を買うと、スジが多くて噛みきれないということも想定できます。 そんな時こそ、低温調理で安価な輸入牛もも肉をステーキにしてみてはいかがでしょうか? 牛もも肉であれば100g200円前後で購入することが可能で価格を抑えることができ、低温調理器を使った調理ならば火の通し方で失敗することはなく、もも肉には目立ったスジもないので老若男女美味しく食べることができます。 和牛のサーロインに比べて脂質が約1/4以下でヘルシーな点もうれしいですよね。 お祝い事にはおいしく調理したお肉をたくさんいただきましょう◎ 《注意》 低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。 レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。 なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。 取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細は下記URLから参照下さいませ。 【低温調理のルール〜6つのポイント〜】 https://boniq.jp/recipe/?p=19886 (「低温調理 ルール」で検索もOK) また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。 特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。 【食中毒に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防】 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/index.html