食材から探す
料理名から探す
公式レシピ レシピをよむ レシピカード クラシルショート クリエイター
クラシルのサービス
乳酸発酵で作る本当の柴漬け

乳酸発酵で作る本当の柴漬け

いいね:3
本来の柴漬けの作り方です。赤紫蘇と塩だけを加えて乳酸発酵させると綺麗な紫色の柴漬けが出来上がります。

材料

  • 赤紫蘇
    100g
  • 茄子
    400g
  • 茗荷
    5〜6本
  • 新生姜
    50〜100g(お好みで増減)
  • 自然塩
    30g
  • 消毒したガラスの保存瓶または保存容器
    1個

手順

  • 赤紫蘇はたっぷりの水の中で振り洗いして汚れを落とし、葉を摘んで水分をしっかり拭き取っておく。
  • 茄子はヘタを切り落とし、縦半分に切ってから1cm幅に切る。
  • 茗荷は縦半分に切る。
  • 新生姜は皮付きのまま薄切りにする。
  • 保存瓶(容器)に自然塩→茄子→自然塩→赤紫蘇→自然塩→茄子→自然塩→赤紫蘇の順番に重ねていく。
  • → 5で茄子を入れる時に茗荷と新生姜をランダムに加える。
  • 1番上にラップをぴったりと敷いてお漬物用なのどの重石を乗せて密閉する。
  • 2週間、日光の当たらない涼しい場所で常温でおいて発酵させる。
  • 重石を取り除き、冷蔵庫で保存する。

投稿者からのコメント

■コツ・ポイント しっかりと重石をを乗せてください。お好みできゅうりを加えてもいいです。 ■このレシピの生い立ち 柴漬けが大好きな家族のために作っています。
※みやすさのために書式を一部改変しています。

その他のレシピカード

おすすめのレシピ動画