残った野菜で☆串焼きプレート レシピ・作り方

材料(4~6人分) 鶏もも肉(一口大に切る) 300g 【下味】 酒 大さじ1/2 しょうゆ 大さじ1 はちみつ 小さじ1/2 【具材】 赤パプリカ(一口大に切る) 1/2個 黄パプリカ(一口大に切る) 1/2個 長いも(皮をむいて半月切り) 230g ミニトマト(ヘタつき) 12個 にんにく 12個 【味付け】 昆布茶 大さじ1/2~1 こしょう 大さじ1/3 オリーブオイル 大さじ2
作り方 [1] 鶏もも肉に【下味】の材料を加えてもみこみます。 [2] 【具材】をそれぞれ切ったら、竹串に黄パプリカ、にんにく、赤パプリカ、長いも、ミニトマト、鶏もも肉を刺します。 [3] オーブンを180度に予熱します。 [4] 天板にクッキングシートを敷いて2を並べ、【味付け】の昆布茶、こしょう、オリーブオイルをふりかけます。 [5] 20分焼いて、鶏肉の肉汁が透明になったら出来上がりです。 きっかけ 冷蔵庫にある残り野菜を使って料理しようと思ったところ、組み合わせて炒めるには少し微妙かな。。と思い、それぞれの素材の味を楽しめる串焼きにしてみました。 おいしくなるコツ ※もちろん串に刺す順番などはお好みでどうぞ♪ ※しっかりとした味付けは鶏肉だけにして、野菜には塩ではなく昆布茶をふりかけました。野菜の甘みと旨みが楽しめました。