3種の塩麹ナムル

きゅうりや大豆もやしを使った人気の副菜レシピです。 ■調理時間 15分 ■栄養情報(1人分)※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く ・エネルギー 186kcal ・たんぱく質 6.1g ・塩分 3.2g ・野菜摂取量 221g ■材料(2人分) ・きゅうり 2本(200g) ・塩麹 大さじ1 [A]すり白ごま 小さじ2 [A]「AJINOMOTO 濃口ごま油」 小さじ1 ・大豆もやし 150g [B]塩麹 小さじ2 [B]すり白ごま 小さじ2 [B]「AJINOMOTO 濃口ごま油」 小さじ1 ・にんじん 1/2本(100g) [C]塩麹 小さじ1・1/2 [C]すり白ごま 小さじ2 [C]おろしにんにく 小さじ1/4 ・「AJINOMOTO 濃口ごま油」 小さじ1 ・糸唐がらし 少々
■つくり方 (1)きゅうりはタテ半分に切って、斜め薄切りにする。ボウルに移して塩麹を加えてもんでおく。大豆もやしはサッとゆで、水気をきる。にんじんはせん切りにする。 (2)ボウルに(1)のきゅうりの水気をしぼって入れ、Aであえ、きゅうりのナムルを作る。 (3)別のボウルに(1)の大豆もやしを入れ、Bであえ、もやしのナムルを作る。 (4)フライパンにごま油を熱し、(1)のにんじんを炒めて別のボウルに移し、Cとあえ、にんじんのナムルを作る。 (5)器に(2)、(3)、(4)をそれぞれ盛り、きゅうりのナムルの上に糸唐がらしをのせる。 【塩麹の作り方(作りやすい分量)】 [1]ボウルに米こうじ200gを入れて手でほぐし、「瀬戸のほんじお」80gを加えてよく混ぜる。 [2]水250mlを注ぎ、ゴムベラなどでよく混ぜ合わせる。 [3]清潔な保存容器に移し入れ、常温で直射日光の当たらない場所に置いて発酵させる。 *発酵過程でガスが発生するので、少し大きさに余裕のある容器に入れてください。 *菌の活動が鈍くなるので、でき上がるまでは常温に置いてください。 [4]1日1回は混ぜ合わせて、空気を含ませるようにし、トロリとしてこうじの粒に芯がなくなるまでおく。 *夏場は約1週間、冬場は約10日間ででき上がります。 *でき上がったら冷蔵庫で約1ヶ月保存できます。