60℃,95℃ 赤ワインソースのローストビーフ弁当

やわらかジューシーなローストビーフが主役のお弁当。 玉ねぎの甘みと芳醇な赤ワインの風味が効いたソースは、ローストビーフの旨みを引き立たせ相性抜群。 《お弁当の献立(7品)》 ・主菜(1/1):「60℃ ローストビーフの玉ねぎ赤ワインソース」(1人分/全量2~3人分) https://www.kurashiru.com/recipe_cards/79e6292d-2a73-45da-b545-90efa80f679a (「クラシル BONIQ ローストビーフ 玉ねぎ赤ワインソース」で検索もOK) ・副菜(1/5):「85℃〜 ブロッコリーの低温調理 温度比較実験」(1人分/全量1株) https://boniq.jp/recipe/?p=13546 (「BONIQ ブロッコリー 比較実験」で検索もOK) ・副菜(2/5): フランクフルトとカラーピーマン炒め ・副菜(3/5): かぼちゃのバター煮 (作りやすい分量(3人分)) ・副菜(4/5): ビアソーセージのくるくる巻き ・副菜(5/5): 生野菜 ・主食(1/1): 白米 《材料》 主菜(1/1):「60℃ ローストビーフの玉ねぎ赤ワインソース」(1人分/全量2~3人分) https://www.kurashiru.com/recipe_cards/79e6292d-2a73-45da-b545-90efa80f679a (「クラシル BONIQ ローストビーフ 玉ねぎ赤ワインソース」で検索もOK) ※下記材料は全量2~3人分 ・牛もも肉 ブロック/塊肉 250g(一番厚みのある箇所で4.5cm) ・塩 適量 ・こしょう 適量 ・オリーブオイル 大さじ1 ・ローリエ 1枚 <玉ねぎ赤ワインソース> ・しょうが 1かけ ・玉ねぎ 1/2個 (約100g) ・砂糖 大さじ1/2 ・赤ワイン 100ml ・しょうゆ 大さじ1 ※本レシピでは玉ねぎを粗みじん切りで調理 <お好みで仕上げ> ・ピンクペッパー 適量 副菜(1/5):「85℃〜 ブロッコリーの低温調理 温度比較実験」(1人分/全量1株)) https://boniq.jp/recipe/?p=13546 (「BONIQ ブロッコリー 比較実験」で検索もOK) ・ブロッコリー 1株 ・塩 ブロッコリーの重量の0.6% ※本レシピでは95℃ 8分で調理 副菜(2/5):フランクフルトとカラーピーマン炒め ・フランクフルト 1本 ・カラーピーマン(赤・黄・緑) 各1/4個 ・塩 1つまみ ・サラダ油 小さじ1/2 副菜(3/5):かぼちゃのバター煮(作りやすい分量(3人分)) ・かぼちゃ 200g ・砂糖 大さじ2 ・塩 小さじ1/2 ・水 100ml ・バター 10g 副菜(4/5):ビアソーセージのくるくる巻き ・ビアソーセージ 2枚 副菜(5/5):生野菜 ・フリルレタス 2枚 主食(1/1):白米 ・白米(炊いたもの) 150g ■このレシピに使った製品 低温調理器 BONIQ(ボニーク) ※詳しくはプロフィール欄をご覧ください。 ※低温調理器 BONIQ 公式製品サイト:https://boniq.store/ (「BONIQ」で検索もOK) 《手順》 主菜(1/1):「60℃ ローストビーフの玉ねぎ赤ワインソース」(1人分/全量2~3人分) https://www.kurashiru.com/recipe_cards/79e6292d-2a73-45da-b545-90efa80f679a (「クラシル BONIQ ローストビーフ 玉ねぎ赤ワインソース」で検索もOK) BONIQで60℃ 3:30(3時間30分)低温調理をする。 (※肉・魚の種類、厚みに応じてBONIQ設定を変更する。※低温調理 加熱時間基準表:https://boniq.jp/pdf/ttguide.pdf (「加熱時間基準表」で検索もOK)) 副菜(1/5):「85℃〜 ブロッコリーの低温調理 温度比較実験」(1人分/全量1株) https://boniq.jp/recipe/?p=13546 (「BONIQ ブロッコリー 比較実験」で検索もOK) BONIQで95℃ 0:08(8分)低温調理をする。 副菜(2/5):フランクフルトとカラーピーマン炒め フランクフルトは縦に4分割にカットし、カラーピーマンは細切りする。 フライパンにサラダ油をひいて中火で熱し、フランクフルトとカラーピーマンを炒める。 フランクフルトに焼き色がついたら、塩を振りかける。 副菜(3/5):かぼちゃのバター煮(作りやすい分量(3人分)) かぼちゃを8mm程にスライスする。 鍋にかぼちゃと砂糖、塩、水を入れ、中火で汁気が少なくなるまで煮る。 仕上げにバターを加えて混ぜ合わせる。 副菜(4/5):ビアソーセージのくるくる巻き ビアソーセージを半分に折り、輪の方に刻みを入れ、端からくるくると巻く。 副菜(5/5):生野菜 フリルレタスをおかずに添える。 主食(1/1):白米 白米を炊く。 《作る際のポイント》 「60℃ ローストビーフの玉ねぎ赤ワインソース」 https://www.kurashiru.com/recipe_cards/79e6292d-2a73-45da-b545-90efa80f679a (「クラシル BONIQ ローストビーフ 玉ねぎ赤ワインソース」で検索もOK) の玉ねぎは、本レシピでは食感を楽しめるよう粗みじん切りにしています。 あらかじめローストビーフにソースをかけておく場合は、玉ねぎを粗みじん切りにすることでご飯にソースが染み込みすぎるのを防ぐことができます。または、ソースを別容器に入れて食べる直前にかけるのも良いでしょう。 玉ねぎをすりおろした場合は、滑らかなソースに仕上がります。 ブロッコリーは、温度比較実験の結果から、「一番明るい緑、旨み充分」な95℃ 8分で低温調理しました。 《作った感想》 やわらかジューシーなローストビーフが主役のお弁当。 低温調理により牛肉の肉汁を逃すことなく旨みをしっかり含み、しっとりやわらかな食感です。 均一に加熱されておりフライパン調理では成し得ない仕上がりです。 冷やしても柔らかく身縮みがありません。作り置きしておけば温める必要もないのでパッと準備ができ、お弁当の一品にも活用できます。 玉ねぎの甘みと芳醇な赤ワインの風味が効いたソースは、ローストビーフの旨みを引き立たせ相性抜群です。 玉ねぎには水に溶けやすい食物繊維やオリゴ糖が多く含まれ、善玉菌を増やし腸内環境を整える作用があります。さらに疲労回復や免疫力アップ、美肌効果や神経鎮静作用などの嬉しい効果も期待できます。 《注意》 低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。 レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。 なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。 取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細は下記URLから参照下さいませ。 【低温調理のルール〜6つのポイント〜】 https://boniq.jp/recipe/?p=19886 (「低温調理 ルール」で検索もOK) また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。 特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。 【食中毒に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防】 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/index.html