食材から探す
料理名から探す
公式レシピ レシピをよむ レシピカード クラシルショート クリエイター
クラシルのサービス
【野菜ひとつ】小松菜のおひたし

【野菜ひとつ】小松菜のおひたし

フォロー
いいね:3
■保存期間 冷蔵4日/冷凍1か月 ■紹介文 今日は、小松菜のおひたしのレシピをご紹介します。 だし汁、しょうゆ、砂糖を使った基本のおひたしです。みりんや酒を使っていませんので煮切らずに手早く作ることが出来ます。 辛味とクセが少し強い小松菜は、たっぷりの旨味や香りを加えるとよりお互いが引き立ちます。いただく際はお好みでかつお節やすりごまなどを添えると、さらにおいしくいただけます。 手軽に出来る、ビタミン、ミネラルたっぷりの副菜です。もうあと一品やお弁当のおかずにぜひご活用くださいませ。

材料

(4人分)
  • 小松菜
    2把(200g目安×2)
  • ■合わせ調味料 だし汁
    200ml
  • (または)水200ml+顆粒和風だしの素
    小さじ1/2
  • しょうゆ※
    大さじ2(30ml)
  • 砂糖
    小さじ2

手順

  • 【1】たっぷりのお湯を沸かし始めます。小松菜2把で2リットル程度目安です。
  • 小松菜の歯ざわりを活かしますので、塩は入れません。
  • 【2】小松菜は根元を切り落としてから、流水もしくはたっぷりの水に浸け込んでよく洗い、根元や葉に付いている土を落として4~5cm幅(指3本分の幅目安)に切ります。
  • 特に根元に土が付いていることがありますので、しっかり洗いましょう。
  • 切ったら、茎と葉を分けておくと良いです。だいたいで構いません。
  • 【3】お湯が充分に沸騰したことを確認し、火加減は強めの中火にします。
  • 【4】沸騰したお湯に茎の部分から入れ、すぐにお湯がふつふつとなりますので葉の部分を入れて菜箸などで全部をお湯につけます。
  • 【5】1分ほどですぐに再度沸騰しようとしてきますので、ざるに取って水に放ち、水を2~3回替えて冷まし、ざるに上げておきます。
  • 「グラッとくる」という状態です。あらかじめ切っておいた小松菜は、特に速攻でグラッときます。
  • 水は氷水である必要はありません。
  • 水につけておく時間は3分以内を目安にしましょう。それ以上つけると、栄養分も流れ出てしまいます。
  • 【6】ボウルに合わせ調味料の材料を混ぜ合わせます。
  • 【7】小松菜の水分をしっかりと絞ります。
  • 両手を使ってぎゅっと絞りましょう。
  • ゆでた小松菜はしっかりと水気を絞ってから調味料と和えましょう。水気が多いままですと、味がぼけ、また、作り置きにも向きません。
  • 【8】手順6の合わせ調味料のボウルに小松菜をほぐしながら加え、全体をほぐすようにして和えます。
  • 菜箸でよくほぐしながら、ゴムベラでボウルの底からしっかりと混ぜ合わせると良いです。
  • 【9】保存の際は充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。
  • 【10】いただく際はお好みでかつお節や、すりごまなどを天盛り(盛り付けた上に乗せること)にすると、さらにおいしくいただけます。
  • 辛味とクセが少し強い小松菜は、たっぷりの旨味や香りを加えると、よりお互いが引き立ちます。後述「アレンジのヒント」もご参照くださいませ。

投稿者からのコメント

■作り置きのコツ・ポイント 小松菜は根元を切り落としてから、流水もしくはたっぷりの水に浸け込んでよく洗い、根元や葉に付いている土を落としましょう。 小松菜を水につけておく時間は3分以内を目安にしましょう。それ以上つけると栄養分も流れ出てしまいます。 ゆでた小松菜はしっかりと水気を絞ってから調味料と和えましょう。水気が多いままですと味がぼけ、作り置きにも向きません。 保存の際は充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。 ■アレンジのヒント いただく際に添えておいしい具材:かつお節/すりごま/わさび/練り辛子/とろろ昆布/おろししょうが 一緒に和えておいしい具材:にんじん(千切り・ゆで)/焼きのり/しいたけ(薄切り・ゆで) お好みで細かく刻み、卵焼きの具材にもどうぞ。
※みやすさのために書式を一部改変しています。

その他のレシピカード

おすすめのレシピ動画