【野菜ひとつ】レタスのレモン浅漬け

■保存期間 冷蔵4日 ■紹介文 今日は、レタスの浅漬けのレシピをご紹介します。 レモン果汁を使った浅漬けです。レモンの爽やかなさっぱりとした味わいでレタスをたっぷりといただきます。 ちぎったレタスをもんで漬けるだけ、包丁も火も使わずに手軽に一品作れます。 ノンオイルでさっぱりとした口当たりです。もうあと一品の副菜や箸休めにぜひご活用くださいませ。 ■材料(4人分) レタス 1個(300~500g×1) 塩 小さじ1 砂糖 小さじ1 レモン果汁 大さじ2(30ml) 顆粒和風だしの素 小さじ1
■作り方 【1】レタスの葉を1枚ずつはがして洗い、大きめ(手のひらサイズ目安)にちぎりざるに入れて水気を切っておきます。 特に暑い時期は、芯に近いところがヌルッとなっていることがありますので、念入りに洗いましょう。 生のまま仕上げますので、この後、ゆでたり蒸したり、湯通しするといった手順がありません。しっかりと洗いましょう。 【2】丈夫な袋にレタス、塩、砂糖を入れます。 袋がない場合は、大きめのボウルを使っても構いません。また、8人分を作る際は、袋を2枚使って4人分ずつ2セットにするか、大きめ(5リットル前後)の鍋を使うと良いです。それらの場合、使い捨て手袋をはめて調理すると、衛生的に安心です。 まんべんなく混ざるよう、塩と砂糖は2回に分けて入れるとよいです。レタスを袋に半分ほど入れたら、塩、砂糖それぞれ1/2量を入れ、残りのレタスを入れたら、残りの塩と砂糖を入れます。 【3】空気抜きとして袋の口は1/4ほど開けておき、袋の上から全体をよくもみます。 全体を振って調味料を行き渡らせ、底を真下からポンポンとたたいたりして、全体が混ざるようにしながら、半分くらいのかさになるくらいまで、もみます。 【4】手順3の袋を絞るようにして、出てきた水分を捨てます。 割とたっぷりの水分が出ます。 【5】レモン果汁、顆粒和風だしの素を加えて全体をよくもみます。 この時も、空気抜きとして、袋の口は1/4ほど開けておき、時々底を真下からポンポンとたたくようにしながらもむと、全体がよく混ざります。 【6】充分に消毒した保存容器に移し替えて冷蔵庫で保存することをおすすめします。 袋を平らにして、空気を抜いてから密封して保存してもよいのですが、保存容器のほうが取り出しやすいのと、保存中、袋の口から調味液が漏れるという事故を防ぐことができます。 できたてでもおいしいですが、冷蔵庫に30分ほど置くと、すっきりと口当たりよく、よりおいしくいただけます。 ■作り置きのコツ・ポイント 特に暑い時期のレタスは芯に近いところがヌルッとなっていることがありますので、念入りに洗いましょう。 生のまま仕上げますのでゆでたり蒸したり、湯通しするといった手順がありません。レタスはしっかりと洗いましょう。 袋を平らにして空気を抜いてから密封して保存してもよいのですが、保存容器のほうが取り出しやすく、保存中に袋の口から調味液が漏れるという事故を防ぐことができます。 できたてでもおいしいですが、冷蔵庫に30分ほど置くとすっきりと口当たりよく、よりおいしくいただけます。 ■アレンジのヒント 一緒に加えておいしい具材:昆布/しょうが/レモンの皮 いただく際に添えておいしい具材:しょうがすりおろし/いりごま/大葉千切り いただく際、お好みでオリーブオイルやごま油をかけても。 お弁当に詰める際は、水気を切ってから詰めましょう。 https://mayukitchen.com/lettuce-pickled-in-lemon/