63℃ 骨の健康維持◎塩麹豚ジェノベーゼソース

硬くなりがちな豚もも肉も、低温調理でしっとりやわらか。 しっかり素材の旨みも引き出して。 見た目も華やかでおもてなし料理としてもおすすめ◎ 《材料》 ☆3人分☆ ・豚もも肉 ブロック/塊肉(厚さ3cm)  330g ・塩麹  大さじ3 <大葉ジェノベーゼソース> ・大葉  40g ・にんにく  1片 ・素焼きカシューナッツ  20g ・塩  小さじ1/2 ・パルメザンチーズ  大さじ1 ・E.V.オリーブオイル  125ml
■このレシピに使った製品 低温調理器 BONIQ ※詳しくはプロフィール欄をご覧ください。 ※BONIQ 公式製品サイト:https://boniq.store/ (「ボニーク」で検索もOK) 《手順》 1 下ごしらえ〜フリーザーバッグに投入 豚ももの両面をフォークで数ヶ所刺して塩麹を揉み込み、フリーザーバッグに入れる。 フリーザーバッグの上からよく馴染ませ、冷蔵庫で半日~1日寝かせる。 2 大葉ジェノベーゼソースを作る 大葉は水洗いしてしっかり水気を切り、軸をカットする。 にんにくは半割りにし、芯を取る。 フードプロセッサーに材料をすべて入れて回し、味をみる。足りなかったら塩で調節する。 予め消毒済みの瓶に入れ、保存しておく。 3 BONIQをセット 食材全体がきちんと湯せんに浸かるよう、十分な水量を用意する。 63℃ 2:00(2時間)に設定する。 4 BONIQに投入 BONIQが設定温度に達したらフリーザーバッグを冷蔵庫から取り出し、湯せんに入れながらバッグ内に気泡が残らないようにしっかり空気を抜いて密封し、低温調理をする。 この時、バッグを完全に沈めて食材全体が湯せんに浸かるようにする。 (気泡が残っていたり食材全体が完全に浸かっていないと、熱が適切に伝わらず、加熱ムラが生じる。) ※フリーザーバッグの密封方法:https://youtu.be/N-t1ox7mox0 5 仕上げ BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったら豚ももを取り出し、お好みの厚さにカットして皿に盛り付ける。 上から大葉ジェノベージェソースをかけて、出来上がり。 《作る際のポイント》 お肉の漬け込みは、半日~1日漬け込むことで塩麹が中までしっかり染み込みます。 ソースで使用しているカシューナッツは、松の実でも代用可能です。 《BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス》 本来はバジルとナッツをオリーブオイルと一緒にペースト状にして作るジェノベーゼソースを、大葉で作ったソースです。 ソースにオリーブオイルをふんだんに使用しているのでカロリーが若干高く感じられますが、カロリーが気になる方はしそをアボカドと少量のオイルと一緒にペーストにしてみてください。 大葉はカルシウムやビタミンKを摂取することができる緑黄色野菜です。 カルシウムは健康な骨を形作るために必要な栄養素です。日本人は慢性的にカルシウムが不足しているため、積極的に摂り入れるべき栄養素とされています。 ビタミンKは血液を固めるときに必要とされるビタミンです。ビタミンKが不足するとちょっとしたケガの時でも血が止まりにくく、治りが遅くなります。また、打ち身をした時に青あざが大きくできてしまうケースもビタミンKの不足が想定されます。 また、カルシウムと同じように健康な骨を維持するのにも必要とされ、カルシウムの沈着を強める働きがあります。 《注意》 低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。 レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。 なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。 取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。詳細は下記URLから参照下さいませ。 【低温調理のルール〜6つのポイント〜】 https://boniq.jp/recipe/?p=19886 (「低温調理 ルール」で検索もOK) また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。 特にお年寄りやお子様、免疫力の弱っている方は当サイト推奨温度設定に従わずに、下記厚生労働省サイトの指示に従い全てのお肉で【中心温度75℃ 1分以上】の加熱をしてください。 【食中毒に関する注意点:厚生労働省 食中毒予防】 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/index.html