哀愁のジャック☆ハロウィン南瓜クッキー

材料 カボチャ 100グラム バター 75グラム きび砂糖 30グラム 粉砂糖 30グラム 塩 ひとつまみ 卵 1/2個 薄力粉 200グラム ナツメグ 小さじ1/8 ジンジャーパウダー 小さじ1/8 ココアパウダー 小さじ2
切ったら驚き☆いろんなお顔が飛び出すよ!哀愁たっぷりのジャックオランタン!かぼちゃクッキー! 作り方 [1] かぼちゃの種と皮を取り除き、竹串がすっととるくらいまで、電子レンジ600wで3分ほど加熱しておく。 [2] 薄力粉の3/4量(150g)とナツメグ、ジンジャーパウダーを一緒にふるっておく。 [3] 薄力粉の1/4量(50g)とココアパウダーを合わせてふるっておく。 [4] ボールにかぼちゃと砂糖と塩を入れ、ペースト状になるまでつぶす。(暖かいままでも良い) [5] バター(冷たくてもよい)を加えてよくまぜあわせる、 [6] 卵をといて、少しづつまぜこむ。(この時には温度が低くなっているようにする。) [7] タネの1/4を物のボウルに取り分けておく。 [8] (6)のぼうるに(2)の粉類を入れて、ゴムべらでさっくり混ぜこむ。 [9] 粉っぽさがなくなるまで混ぜたら、まとめる。 [10] 1/4のタネのボウルには(3)の粉類をまぜて同じようにまとめる。 [11] ラップを広げた上に生地を置き、直径4cmほどの棒状にのばし、ラップで包んで冷凍庫で冷やす。ココア生地も同じようにする。 [12] この絵ような構造です。3枚におろすだいたいの位置は上側が1/2、真中が1/6下側が2/6ぐらいの間隔です。 [13] 冷凍庫で30分ほどおいた生地を、3まいおろしにして、上の部分には2本の筋を、下の部分は中心の1本を包丁で切り取る。 [14] 切り取った部分にココア生地の細く切ったものを埋め込む。この時に、適当な形にしておくと、いろんな顔が現れる。 [15] 生地の間に隙間ができないように、指で押さえて生地同士をくっつける。 [16] 合体させてもとどうりに戻したら、打ち粉をしてトレーシングペーパーで包む。(この時に、どの部分が頭になるのか覚えておく。) [17] ペーパーで包んだ上から、頭の中心になる部分に線を引き、金串などでヘタの部分の型を付ける。できたら冷凍庫で再び冷やす。 [18] 15分以上冷やしたら、5mmの厚さに包丁で切り分ける。 [19] オーブンシートを敷いた鉄板に並べ、170度に予熱したオーブンで10分焼く。 [20] できあがり! [21] 残ったココア生地を使って、お化けクッキーもできますよ〜っ! ■コツ・ポイント 生地が固すぎると割れてしまって作業がしにくいので、少し常温に置いてから作業始めて下さい。また、固まりがゆる過ぎるとべたべたしてくっつくので、ある程度固いうちに作業するか、またはもう一度冷凍庫で冷やしてから、再度はじめてみてください。 ■このレシピの生い立ち 金太郎飴のように切ったら顔が出てきたら、楽しいなあと思って作ってみたら、なにげにいろんな表情がでてきたのが楽しくって!何度も作って、子供たちも楽しんでます。