食材から探す
料理名から探す
公式レシピ 記事をよむ レシピカード クラシルショート クリエイター
クラシルのサービス
【野菜ひとつ】きゅうりのごま和え

【野菜ひとつ】きゅうりのごま和え

フォロー
いいね:3
■保存期間 冷蔵4日 ■紹介文 今日は、きゅうりをたっぷりのごまで和えるレシピをご紹介します。 塩もみしたきゅうりをたっぷりのすりごまで和えます。甘味調味料を加えていないのに驚くほど素材の甘味が活きた仕上がりになります。 調味料は控えめですがしっかりとコクがあり、作り置きの日持ちも良く時間が経つほどおいしくなります。 もうあと一品の副菜や酒の肴にはもちろん、お好みでマヨネーズやごま油を加えたり、コーンやハムを加えてサラダ風にも活用いただけます。

材料

(4人分)
  • きゅうり
    500g(4~5本目安)
  • 小さじ1
  • すりごま
    大さじ6
  • しょうゆ
    小さじ1(5ml)
  • 昆布だしの素 または 昆布茶
    小さじ1

手順

  • 【1】きゅうりは洗い、キッチンペーパーや乾いた清潔な布巾で水気をよく拭き取ります。
  • このレシピは、加熱する工程がありません。水気は雑菌繁殖の元となり、保存の大敵ですので、しっかりと拭き取っておきましょう。
  • 【2】ヘタの部分を切り落として端から2~3mm幅程度の斜め薄切りにし、大きめのボウルか鍋に入れます。
  • 【3】塩をふりかけ、もみ込むようにして、塩をきゅうり全体に行き渡らせます。このまま10分ほど置きます。
  • ギュンギュンにもみ込む必要はありません。塩をきゅうり全体に行き渡らせることを意識し、あとはほったらかしておきましょう。その間に、合わせ調味料を混ぜ合わせたり、洗い物でもしておきましょう。
  • 【4】ボウルに合わせ調味料の材料をよく混ぜ合わせます。
  • すりごまや昆布だしの素がダマにならないように混ぜ合わせましょう。
  • 【5】手順3のきゅうりの水気をぎゅっと絞ります。
  • 一度ざるに上げて水気を切ると、扱いやすいです。
  • かなりの水分が出ます。両手を使ってしっかりと絞りましょう。
  • 【6】手順4のボウルに入れよく和えます。
  • 時々菜箸できゅうりをほぐしながら、ゴムベラでボウルの底からしっかりと混ぜ合わせましょう。
  • 【7】保存の際は、
  • 充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で保存します。
  • 保存容器に入れる際、ゴムベラを使うと、無駄なく移せます。
  • できたてでもおいしいですが、冷蔵庫に30分ほど置くと、味がなじんで、さらにおいしく召し上がれます。

投稿者からのコメント

■作り置きのコツ・ポイント このレシピは加熱する工程がありません。きゅうりを洗った後の水気は雑菌繁殖の元となり保存の大敵ですので、しっかりと拭き取っておきましょう。 きゅうりを塩もみする際、ギュンギュンにもみ込む必要はありません。塩をきゅうり全体に行き渡らせることを意識し、あとはほったらかしておきましょう。その間に合わせ調味料を混ぜ合わせたり、洗い物でもしておきましょう。 保存の際は充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で保存します。 できたてでもおいしいですが、冷蔵庫に30分ほど置くと味がなじんで、さらにおいしく召し上がれます。 ■アレンジのヒント 一緒に加えておいしい具材・調味料:コーン/ハム/にんじん(千切り)/玉ねぎスライス/マヨネーズ/ごま油 いただく際にかけて・添えておいしい香辛料:一味唐辛子/豆板醤/粉チーズ サンドイッチの具材にも。マヨネーズ、スライスチーズがよく合います。
※みやすさのために書式を一部改変しています。

その他のレシピカード

おすすめのレシピ動画