食材から探す
料理名から探す
公式レシピ 記事をよむ レシピカード クラシルショート クリエイター
クラシルのサービス
【野菜ひとつ】梅ポテトサラダ

【野菜ひとつ】梅ポテトサラダ

フォロー
いいね:1
保存:1
今日は、梅で作るポテトサラダのレシピをご紹介します。 さっぱりとした梅風味のポテトサラダです。梅の酸味がご飯にもよく合います。 マヨネーズだけではなくオリーブオイルを使い、ほんのりとフルーティーでまろやかな酸味に仕上げます。 そのままはもちろん、お好みで大葉などを加えてもおいしくいただけます。 付け合わせにはもちろん、おつまみやお弁当のおかずにもどうぞ。

材料

(4人分)
  • じゃがいも
    500~600g(中4~6個、小なら8~12個)
  • 梅肉
    大さじ2(梅干し大4個分)
  • オリーブオイル
    大さじ2(30ml)
  • マヨネーズ
    大さじ2
  • 砂糖
    小さじ4

手順

  • 【1】じゃがいもはよく洗い皮ごと半分に切ります。
  • あらかじめ半分に切っておくことで、皮がとてもむきやすくなります。また、丸ごとゆでるよりも、5~10分程度、早くゆで上がります。
  • 【2】竹串が通るまでゆでます。
  • 【鍋かフライパンを使う場合】じゃがいもと、じゃがいもがかぶるくらいの水を入れ、ふたをして強火にかけます。沸騰したら弱めの中火にして15~20分程度、竹串が通るまでゆでます。
  • 【電子レンジを使う場合】耐熱容器に入れラップでふんわりと包み、600Wで15~20分程度、竹串が通るまで加熱します。硬い場合は、様子を見ながら10~20秒ほど加熱しましょう。加熱しすぎると、パサパサになったり、焦げて一部がカチカチになりますので、注意しながら加熱しましょう。
  • 【3】ざるに上げて手でさわれる程度まで冷まします。
  • 直接手でさわれる程度まで、少し冷ますことで、皮が蒸れて、外しやすくなります。
  • 【4】ボウルに合わせ調味料の材料を混ぜ合わせます。
  • 【5】じゃがいもの皮をむいて、手順4のボウルに入れます。
  • 皮や芽が残った箇所は、竹串やスプーンなどを使って、丁寧に取り除きましょう。後述しますが、もし緑色の箇所があれば、それは毒の塊ですので、スプーンやナイフを使い、必ずえぐり取りましょう。
  • 【6】じゃがいもを粗くつぶしながら、全体をよく混ぜ合わせます。
  • 固まって味にムラができないよう、全体をよく混ぜ合わせましょう。
  • 【7】保存の際は、
  • 充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。
  • できたてでもおいしいですが、少し味が強いです。冷蔵庫で2時間以上しっかりと冷やすと、よりおいしくいただけます。

投稿者からのコメント

■じゃがいもについて じゃがいもの選び方や、食べ方について少しご説明いたします。 【じゃがいもの選び方】 千切りにしたり、煮崩れすると台無しになる料理、シチューやスープなどは長卵型のメークインや、とうやが向いています。 今回のように、じゃがいものほくほくとした食感を味わったり、加熱してつぶしていただく料理、ポテトサラダやマッシュポテトは、丸形の男爵が向いています。 皮がピンと張っていて、しっかりと硬いものがよいです。シワが寄っていたり、芽が出始めているものや、皮の部分が緑色になっているものは避けましょう。 【じゃがいもの食中毒について】 じゃがいもは食中毒に注意しましょう。 ■作り置きのコツ・ポイント 皮や芽が残った箇所は、竹串やスプーンなどを使って丁寧に取り除きましょう。もし緑色の箇所があればそれは毒の塊ですので、スプーンやナイフを使い必ずえぐり取りましょう。 合わせ調味料と混ぜ合わせる際は固まって味にムラができないよう、全体をよく混ぜ合わせましょう。 保存の際は充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。 できたてでもおいしいですが少し味が強いです。冷蔵庫で2時間以上しっかりと冷やすとよりおいしくいただけます。 ■アレンジのヒント 一緒に和えておいしい具材:大葉/枝豆/かつお節/いりごま/乾燥ちりめんじゃこ/ハム/ゆで卵/ミックスナッツ/きゅうり(薄切り) マヨネーズを同量のオリーブオイルに差し替えても。 冷凍保存する際は、1回分ずつフリーザーバッグに入れ、できるだけ平らにし、急速冷凍します。一度解凍したものは再冷凍しないようにしましょう。
※みやすさのために書式を一部改変しています。

その他のレシピカード

おすすめのレシピ動画