大根とりんごのマリネサラダ

■保存期間 冷蔵5日 ■紹介文 今日は、大根とりんごを使ったレシピをご紹介します。 このレシピは火を使いません。りんごの甘味たっぷりのフルーツドレッシングで大根をマリネする、みずみずしいサラダです。 大根独特のクセが和らぎ、さっぱりとした味わいで大根がいくらでも食べたくなる一品です。 大根に下味をもみ込んでから仕上げることでより早く、むらなく味がなじみます。出来立てでもおいしいですが、時間が経つほどよりおいしくなるサラダです。 ■材料(4人分) 大根 1/2本(500g~750g) りんご 1個(200~300g前後×1個) ■下味用調味料 砂糖 小さじ2 塩 小さじ1 ■合わせ調味料 オリーブオイル 大さじ4(60ml) 酢 大さじ2(30ml) レモン果汁 大さじ2(30ml) 砂糖 大さじ1 塩 小さじ1 粗挽き黒こしょう 小さじ1/2
■作り方 【1】大根は洗い、キッチンペーパーや乾いた清潔な布巾で水気をよく拭き取ります。 念のため重さを量るとよいです。汁気の多い煮物や汁物や、このおかずや漬物やなますなど、大根の水気を切って仕上げるおかずの場合は、多少重めでも問題はありません。とはいえ、5割増程度までにとどめたほうが、味付けがぼやけることがなく、うまく仕上がります。 大根を使う部位は、葉に近い上部、先の細い下部、どちらでも構いません。 皮ごと使いますので、よく洗いましょう。ひげ根がある場合は、取り除きましょう。 【2】大根は皮ごと3mm幅のいちょう切りにしボウルに入れます。 扱いやすい長さに切ってから、縦4つに切り、端から3mm幅に切っていくと、いちょう切りになります。 【3】下味用調味料を入れ、軽くもみ込むようにして全体になじませ、そのまま20分ほど置きます。 ギュンギュンにもみ込む必要はありません。調味料が全体に行き渡ればよいです。あとはほったらかしておきましょう。その間に合わせ調味料を用意したり、りんごを切ったり、洗い物でもしておきましょう。 【4】ボウルに合わせ調味料の材料をよく混ぜ合わせておきます。 【5】りんごはよく洗い、キッチンペーパーや乾いた清潔な布巾で水気をよく拭き取ります。 りんごは皮ごと使いますので、よく洗います。水気は雑菌繁殖の元となり、保存の大敵ですので、しっかりと拭き取っておきましょう。 【6】縦4つに切ってから芯を取り除き、さらに縦半分に切ってから皮ごと5mm幅(人差し指の1/3幅目安)に切ります。 【7】手順4のボウルに入れ、調味料がりんごにまんべんなく行き渡るようよく混ぜ合わせます。 【8】手順3の大根をざるに上げて水気をぎゅっと絞ります。 【9】手順7のボウルにほぐしながら加え、よく和えます。 ゴムベラでボウルの底からしっかりと混ぜ合わせましょう。 【10】保存します。 できたてでもおいしいですが、冷蔵庫で2時間以上ねかせると、さらに味がなじみ、よりおいしくいただけます。 保存する際は、充分に消毒した保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。 ■作り置きのコツ・ポイント 大根、りんごを洗った後の水気は雑菌繁殖の元となり保存の大敵ですので、しっかりと拭き取っておきましょう。 大根に下味用調味料をもみ込む際は、ギュンギュンにもみ込む必要はありません。調味料が全体に行き渡ればよいです。あとはほったらかしておきましょう。その間に合わせ調味料を用意したり、りんごを切ったり、洗い物でもしておきましょう。 保存の際は充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。 できたてでもおいしいですが、冷蔵庫で2時間以上ねかせるとさらに味がなじみ、よりおいしくいただけます。 ■アレンジのヒント 一緒に加えておいしい具材:にんじん(薄切り/千切り)/トマト/きゅうり(薄切り)/キャベツ/パプリカ お好みの葉野菜の上に、たっぷりと乗せても。 さっぱりとしていますので、付け合わせにも重宝します。肉や魚介類などともよく合います。 お弁当に詰める際は、水気をよく切ってからにしましょう。 https://mayukitchen.com/radish-apple-marinated-salad/