食材から探す
料理名から探す
公式レシピ レシピをよむ レシピカード クラシルショート クリエイター
クラシルのサービス
調味料いらず 厚揚げの梅昆布焼き

調味料いらず 厚揚げの梅昆布焼き

フォロー
保存:1
■保存期間 冷蔵5日/冷凍1か月 ■紹介文 今日は、厚揚げをさっぱり味でいただくレシピをご紹介します。 調味料は使いません。切った厚揚げを焼いて梅肉、塩昆布、かつお節で味付けして出来上がりです。 梅肉はやさしい味に仕上がる配合ですので、疲れ気味のときや食欲がないときでも箸が進みます。 安価で簡単にできますので、料理がしんどい時のたんぱく質補給にもどうぞ。

材料

(4人分)
  • 厚揚げ※
    4個(150g前後、8cm角前後×4)
  • ■煮汁
  • 100ml
  • 梅肉
    大さじ1(梅干し大2個分)
  • 塩昆布
    10g(大さじ2目安)
  • かつお節
    小袋2袋(2.5~3g×2)

手順

  • 【1】煮汁の材料を混ぜ合わせます。
  • 梅肉がダマにならないよう、しっかりと溶きましょう。
  • この作業は、手順4で厚揚げを蒸し焼きにしている間に行うと効率が良いですが、無理しない程度に対応しましょう。
  • 【2】厚揚げはキッチンペーパーでふき、縦半分に切ってから1.5cm厚さ(人指し指の幅目安)に切ります。
  • 今回はあらかじめ縦半分に切れているものを使用しています。
  • 【3】フライパンに油をひかず手順2の厚揚げを入れ、ふたをします。
  • 厚揚げは重なっても構いません。
  • 【4】中火にかけます。1~2分ほどすると「ジューッ……」という音がしてきますのでそのまま4~5分ほどほったらかしにします。
  • 香ばしい香りがしてきたら、次の手順に進むとよいです。
  • 【5】フライパンに面している側に焼き色がついたら、全体をざっとかき混ぜ、再びふたをして2分ほど加熱し、厚揚げにしっかりと火を通します。
  • 厚揚げの中までしっかりと火を通すことで、煮汁の材料の旨味を厚揚げの中までしみ込ませることができます。また、作り置きにも適した仕上がりになります。
  • 【6】手順1の煮汁の材料を加えて全体に絡め、1~2分ほど煮て、厚揚げに旨味をしっかりとしみ込ませ、余分な水分を飛ばします。
  • 塩昆布はしっかりとほぐしましょう。
  • 【7】保存の際は、
  • 粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。

投稿者からのコメント

■作り置きのコツ・ポイント 煮汁の材料は梅肉がダマにならないよう、しっかりと溶きましょう。 厚揚げの中までしっかりと火を通すことで煮汁の材料の旨味を厚揚げの中までしみ込ませることができます。作り置きにも適した仕上がりになります。 煮汁を絡める際、塩昆布はしっかりとほぐしましょう。 保存の際は粗熱を取ってから、充分に消毒した容器に入れて冷蔵庫で保存しましょう。 ■アレンジのヒント 加えておいしい具材:ピーマン(細切り)/いりごま いただく際に添えておいしい具材:大葉(千切り/ちぎる)/青ねぎ(小口切り)/しょうが/マヨネーズ お茶漬けや混ぜご飯の具材にも。
※みやすさのために書式を一部改変しています。

その他のレシピカード

おすすめのレシピ動画