食材から探す
料理名から探す
公式レシピ レシピをよむ レシピカード クラシルショート クリエイター
クラシルのサービス
【野菜ひとつ】ブロッコリーの焼きびたし

【野菜ひとつ】ブロッコリーの焼きびたし

フォロー
保存:2
■保存期間 冷蔵5日/冷凍1か月 ■紹介文 今日は、ブロッコリーを焼きびたしにするレシピをご紹介します。 ブロッコリーの房も茎もまるごとフライパンで蒸し焼きにして、調味料を加えて出来上がりです。 かつお節をたっぷりと使った濃いめの出汁で作りますので、まろやかであっさり、つゆごといただけます。 出来立ての温野菜としてもしっかり冷やしてもおいしくいただけます。 もうあと一品の副菜にはもちろん、お弁当のおかずやおつまみにもどうぞ。

材料

(4人分)
  • ブロッコリー
    1株(350~450g×1)
  • ■合わせ調味料
  • 200ml
  • しょうゆ
    大さじ2(30ml)
  • みりん
    大さじ1(15ml)
  • かつお節
    小袋2パック(2.5g×2)

手順

  • 【1】ボウルに合わせ調味料の材料を混ぜ合わせておきます。この作業は、手順6でブロッコリーを蒸し焼きにしている間に行うと効率が良いですが、無理しない程度に対応しましょう。また、事前に行っておくことで、かつお節から、より旨味を引き出しておくことができます。
  • 【2】ボウルに水をはり、ブロッコリーの房をつけて振り洗いしごみや汚れを取り除きます。
  • 【3】房を下にして斜めに包丁を入れ、房を切り離します。
  • 【4】大きいものは軸の方に切れ目を途中まで入れ、裂くようにし、大きさを揃えます。房は刃物で切ると、モロモロになってしまいます。軸の方から切れ目を途中まで入れてから、手で裂きましょう。切れ目は途中までで止めます。最後まで切り落としません。その後、手で裂きます。切ったそばからフライパンに入れていくと良いです。火はまだつけません。
  • 【5】茎は根元の硬い部分は切り落とし、太い茎は7mm幅(人差し指の幅の半分目安)に切ってから、細い茎とともに3~4cm長さ(指2本分の幅目安)程度の長さに切ります。
  • 【6】ブロッコリーの房、茎をフライパンに入れ、ふたをして中火にかけ、充分に蒸気が立ったらさらに2分ほど蒸し焼きにします。油はひきません。ノンオイルで仕上げます。焼き色が付くまで、しっかりと蒸し焼きにしましょう。多少焦げても構いません。そのほうがおいしいです。
  • 【7】ふたをはずしざっとかき混ぜて、焼き色が付いていることを確認します。
  • 【8】手順1の合わせ調味料を一気に加え、全体を混ぜ合わせ、沸騰したら1分ほど煮て火を止めます。
  • 【9】保存の際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて保存しましょう。出来立てでも、冷蔵庫でよく冷やしても、どちらもおいしくいただけます。

投稿者からのコメント

■作り置きのコツ・ポイント ブロッコリーの房は刃物で切るとモロモロになってしまいます。軸の方から切れ目を途中まで入れてから、手で裂きましょう。 保存の際は粗熱を取ってから、充分に消毒した容器に入れて冷蔵庫で保存しましょう。 ■アレンジのヒント 合わせ調味料に一緒に加えておいしい具材・香味野菜:青ねぎ小口切り/乾燥えび/乾燥ちりめんじゃこ/輪切り唐辛子 いただく際に添えておいしい具材:大根すりおろし/しょうがすりおろし/大葉千切り/一味・七味唐辛子/刻みのり つゆごといただける味付けです。ぶっかけに:冷奴/玉子豆腐
※みやすさのために書式を一部改変しています。

その他のレシピカード

おすすめのレシピ動画